釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ものすごい雨と風…まいりました

7月19日の夜、アジを狙いに行ってきました。

友人の村上氏の情報で、関空でもボチボチ釣れ始めているよと聞いたので
行ってみることに。昨年はさんざん通ったこの場所ですが、アジは11月頃から
始めて、釣ったのは2匹とさんざんな釣果でした。

でも、代わりにメバルやガシラは結構釣れて楽しかったのですが、やはり狙った
魚を釣りたいものです。教えてもらった村上氏に聞いてみたら私の投げている
飛距離では、「それでは届いていませんよ…」と言われてめちゃめちゃがっかり
したので、トレンタ30おろしたわけです(笑)

まー、ここで何度も書いていますが、魚釣り、まずは場所なのですよ。
届いていないでは、話になりませんよね。

アジはいつもの漁港でもわずかながら、去年釣れていたので今年は狙っていたの
ですが、残念ながら全然釣れていません。で、今年も関空あたりでアジが釣れ始め
たと聞いていたので、行ってみたわけです。

久しぶりの関空でしたが、予想通り人が多く狙っていた場所には人がべったり貼り
ついています。でも、昨年釣れた場所は少し開いていたので、そこで粘ったのです
が、サッパリダメ。メバルもガシラも全然釣れません。

開始した頃から、遠くで雷ががんがん落ちているのが見えていて、しかもどんどん
近づいてきます。これは非常にヤバイ。大体、何ももっていない人と、釣竿もって
いる人では、釣竿もっている人に落ちる確率が何倍もあるそうです。

で、開始して1時間半くらい経ったところで、いきなりの大雨。
駐車場まで走っていきましたが、ぼとぼとになってしまいました。

結局この日はアタリが3回あっただけで、ボウズで終了です。

また今年もアジとの熱い戦いが始まりました(笑)

8月の終わり頃からは、太刀魚も釣れ始めるので楽しみですね。

ではまた

サライ

スポンサーサイト
  1. 2009/07/22(水) 10:44:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いよいよ終盤って感じですね、メバルも

11日の土曜日、いつもの漁港に行ってきました。

先週は、餌師やらルアーマンやらと、場所をバッティングしたので、良い場所に
入れなかったのですが、彼らは釣れなかったのか、今週は全然人が居ませんでした。

で、ここの所調子の良かった場所で開始するも、全然ダメ。
小さいアタリはあるものの、全然乗らない。多分、小さすぎて針に掛からないん
だと思います。

でも、今回は噂のガルプを用意していきました。
こういう、アタリはあっても釣れない時なんかは、絶対にガルプが良いと使った
人はみんな言うので、一度試してみようと持っていったわけですが、ガルプ使って
も全然ダメ。フグの噛み後すらなし。

こうなると、どう考えても魚が居ない。
で、やっと魚が乗って寄せてきて抜き上げるときに落としたのですが、その魚は
なんと太刀魚。長さ30センチ程度で、ぺらぺらでした(笑)

結局太刀魚もその1匹だけで、その後アタリもないので、漁港の中を探ることに。
嫁はテトラの先端部分で17~8センチのメバルを3匹釣ったと言う。非常に悔しい。
いつものドシャローには魚が居らず、少し水深のあるほうに魚は寄っていたようです。

気を取り直して漁港の中で釣りをすると…

090711.jpg

なんとカタクチイワシ。
サイズは7~8センチ程度で、よく針にかかった物だと思いますが、全く引かない(笑)
かかった瞬間「ぷるるっ」って感じがあったのですが、あとは全く抵抗を感じなかった
ので、てっきり藻か何かと思ったくらいです。

多分、太刀魚はこいつを追ってきたのでしょう。
フィッシュイーターは、みんなイワシが大好き。

タイミング次第では、シーバスなんかも入ってきたと思います。残念ながら遭遇
しなかったのですが、多分チヌと思われる魚を掛けました。

灯りの下だったのでよく見えていて、フッキングした後に平べったい魚体を確認したので、
多分チヌだと思います。どう見ても40cm以上はありそうだったので、内心「よっしゃ!
今日のこの渋い釣りから一発逆転や!」と思ったのもつかの間。

フックを噛みちぎられてしまいました(泣)
何せこのとき、状況が渋いのでステンボーを使ったリアクションの釣りをしていたため、
フックはメバル用の0.4gの極細フック…。噛む力の強いチヌに一撃で葬られてしまいました。

その後、漁港の中でカタクチを追加して、嫁に聞いたら子メバル2匹とやっぱりカタクチ
2匹釣ったそうです。その後満潮タイムになったので、ラーメン食いに行って、近くの漁港
に様子を見にいきましたが、そこもサッパリ。

ここは餌師がいつも多くいるのですが、聞いても全然ダメのようです。
まー、餌で釣りして釣れないようでは、ルアーではどうにもならないでしょう。

で、時間も夜11時を過ぎていたので、普通ならここで帰るのですが、去年友人の村上氏が
「アジの時合いは12時を過ぎた頃でないと…」と言っていたのを思い出し、もう一度だけと
元の漁港に戻って釣りをしましたが、メバル1匹でアジはダメでした。

去年はここで数匹ですが、アジ釣ったのですが今年はどうやら回遊が無いようです。

アジは私達の行く漁港から少し南の方の漁港で、村上氏たちが釣っているようですが
中々難しいようです。しかし、ガルプでも釣れない漁港ではどうしようも無いので、今度は
そちらに行ってみようかと考えています。

週に1度か多くても2度の釣行。
しかも大した釣果も無いのですが、これでも私達は結構楽しくやってます。

でも…もうちょっと釣れたらいいのに…とは思いますけどね(笑)


ではまた


サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/14(火) 12:47:29|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メバルも終盤

もう終盤になるメバル釣りに行ってきました。
前回の釣りで良い釣果だった嫁は、はりきっていましたが、二人ともサッパリ。
なんとかボウズを免れただけといった釣果になりました。

17センチってトコ

梅雨空が続いていましたが、なんとか釣りができる状態だろうと判断して出かけた
わけですが、着いたら爆風…。まぁ、天気ほど予報があてにならないモノも、世の中
には無いのかもしれませんね。

大体、天気「予報」ではなく天気「予想」にすりゃ、納得できるわけです。
大体、「降水確率」○%って、競馬で何とかって馬が一着に来る確立○%と同じでしょう?
ねぇ?思いませんか?ほんとに。

あまりグダグダ言ってもしょうがないので、天気の話はやめましょう。

この日の満潮は午後7:30分頃。到着したのもその頃。
丁度満潮潮止まりなのか、サッパリアタリもない。

30分くらいやって、全く無反応なのでラーメンを食いに行き、戻ってきたらいつもの
ポイントは入られていて、しょうがないので別のポイントに入るも、爆風の影響から
自分が何しているのかサッパリ解らない状態。

で、数投しているうちに写真のヤツが気がついたら掛かってました(笑)
アタリも何も解ったモンではない状態で、色々と移動しましたがその後サッパリ。

同じ場所で粘っていた嫁が、同じ位のサイズ(16~7cm)を、やはり気がついたら
掛かっていたって感じで1匹追加。この風ではどうにもならんと判断し、この日は
撤退しました。

そろそろアジが釣れるはずだと、3週くらい前から言ってますが、今回もダメでした。
美味しいアジのたたきが食べたりなぁっと思う今日この頃です。


ではまた。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/07(火) 14:46:44|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニ餌に釣り勝つ!

6月26日のことですが、今頃ですいません。

いつもの酒屋の兄さんと、キビレを釣りに行ってきました。
場所は今年初のキビレ釣った、兄さんとっておきの場所。
前回は雨後のせいか、ボウズでしたが今回は良かったです。

1枚目

タイトルの通り、今回はカニ餌使った前打ちスタイルの兄さんよりも、ルアーを使った
私が釣り勝ちました。私が4枚で、兄さんは1枚。いつもと逆転しています。

38センチ

25cm

雨が降らない日が3日ほど続いていて、南風が吹いていたので状況は良いと思って
いましたが、ポイントは予想通りいい感じで濁りが入っていて、活性が高くアタリも頻繁
にあって結構楽しめました。

こういう活性の高い時は、どうやらルアーのほうが良いようです。
兄さんは、投げるたびにアタリがあるがサッパリ乗らないと嘆いていました。
どうやら元気な小型がカニの足をかじって取り合いをするようで、一向に針に掛からず、
1匹25円のカニがずたぼろになって返ってくるばかりだそうです。

ルアーの場合、あまりに小さいのはアタックしてこないようで、25cm~38cmまでのサイズ
が釣れました。2枚目の写真が38センチで、このサイズになるとめちゃめちゃ引きます。

今回の釣行では、ロッドにフィネッツア トレンタ30を持っていったのですが、全然問題なし。
というか、3.5gのボンボン使うと底の様子がびっくりするほど解る位、感度ビンビンでした。

一枚目を釣った時などは、はっきりしたアタリもなく「違和感」であわせたのですが、こういう
アタリは感度ビンビンのロッドでないと、ちょっと無理だと思います。

この「違和感」を私なりに解説させてもらいますが、多分魚が咥えて泳いでいるのだと思います。
私は最初、バス釣りから入ったのですが、バスの場合、ほとんど夜はやりません。
なので、ラインがよく見えています。

で、ワームのノーシンカーなどをキャストして沈んでいく時など、ラインを見ていると、いわゆる
「コン」だとか「コツン」といったアタリも無いのに、ラインがすーっと走り出すことがあります。
魚がワームを食ったからといって、必ず手元にアタリが来るわけではないのですよ、これが。

夜、釣りをしているとラインなどは全く見えませんが、変な違和感を感じるときは多分魚が
ルアーを咥えて走っているのです。それでもラインを巻きとり続けるわけですから、どうも変な
感じがする。これが違和感の正体ではないかと思います。

釣りビジョンなんかで、エリアのトラウトを狙っているのを見ていると、ほとんどラインでアタリ
を取るそうです。ラインの微妙な弛みや張りで合わせるらしいので、そんな事を知らない初心者
が、バスロッド持って初めてエリアに行くと、全然釣れません。私もそうでした。

金払ってこんなに釣れないとはどういうこと?なんぞと思うわけですが、ところがどっこい、
そんな中でも慣れた人は数十匹釣ったりするわけです。そんな人に話を聞くと、バスロッド
では釣れないと言っていた事を、メバルやりだしてから思い出しています。

ま、エリアの釣りは性に合わないので、ほとんど行ってませんが、こういった「違和感」的な
アタリを取って、フッキングした時は、何か達人になれたようで自己満足度も高いです(笑)

この日、満潮が夜10:30で、釣り始めたのが8時過ぎ。
でも釣れたのは最初の1時間ちょっとで、あとはサッパリでした。

でも、カニ餌より釣れたので非常に嬉しい釣りでした。

6月26日 中潮

ロッド オリムピック フィネッツア・トレンタ30 7’9
リール ぼろぼろのバイオマスター2000
ライン チタニウムブレイド0.4号(もう生産していないが良いライン)
リーダー フロロ8LB
ルアー CCベイツ 根魚ボンボンチヌスペシャル レーベル ビッグアント(テキーラリグ)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/03(金) 11:26:14|
  2. チヌ 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。