釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

今年初のキビレ、捕ったど~!

日曜は爆風だったので、メバル釣りはやめて酒屋の兄さんと
チヌ釣り。釣れたのはキビレばかりですが、今年初なのでめっちゃ嬉しい♪



↑今年初のキビレ。35センチも無かったですが、よ~く引きました。

いつも土曜の夜に釣りに行くのですが、先日は雨。さすがに最初から雨降ってると
釣りする気になれませんね。行ってから降ってきたら結構粘ったりしますが(笑)

前回メバルが良かったので、今回もメバルに行きたかったのですが、酒屋の兄さん
いわく「へっへっへ、ええ場所あんで~♪キビレ爆釣や!」と言われて、風が強かった
こともあり、兄さんの案内で行ってきたわけです。

ここで一つ申し上げておきますが、よく「場所を教えて下さい」という、会ったことも話
をしたことも無い人から質問が来ますが、場所については一切教えられませんので、
ご了承下さい。

このブログで何度も書いておりますが、最も釣果を左右するのは場所です。
なので、みんな高いガソリン代払って、夜な夜な湾岸を走り回り、普通の人に不審者
と見間違えられながら、やっと自分と友人だけの場所を探し当てるのです。

そうやって苦労して探した場所を、かんたんに教えられるわけもなく、仮に教えてしま
うと、場所を探し当てて教えてくれる友人も居なくなってしまいますね。

場所は苦労して探して、自分とわずかな友人とで共有して下さい。
ちなみに本にのっているような有名な場所は公開しています。

話がそれてしまいましたね。

090426-1.jpg

↑はテキーラで釣ったキビレで、42~3cmくらいあってめちゃめちゃ引きました。

この日は曇りで、時々雨。
時々カッパがないといけないような雨が降ってきていたのですが、もちろん帰らない(笑)
それより、初めての場所だし、いかにも釣れそうな感じがしてヤル気メーターはマックス
になっていました。

心配したのは水温で、ここ1週間大阪は冷え込んでいて、雨も降っていたので急激な水温
の変化ががあると、魚釣りは全般に厳しくなるので、心配していたのです。

到着して、まず計ってみたところ、なんと14度しかない。
2週間前は17度あったのに、この一週間ですっかり下がってしまったようで、正直「これは
釣れないな」と思いました。でも魚の濃い場所では、数は捕れなくともこうやって釣果が出
るわけです。

最初の一枚は、CCベイツの根魚ボンボンチヌスペシャル。これがテキーラと並んで、私の
チヌ釣りには欠かせないルアーです。使い方はテキーラと同じく、底から離さないように
リトリーブをするという使い方。

2枚目はいつものテキーラリグ。今回はクローフィッシュを使いました。
テキーラは前にもやったと思いますけど、今度二つのルアーをちゃんと解説しないといけ
ませんね。釣具屋らしく。

これからどんどん季節が良くなってきます。
メバルも「梅雨メバル」と言われるように、6月頃までは何とか釣れるようですし、チヌは
今から11月頃までいいです。私はやりませんが、もうすぐ春イカのシーズンになります
し、本当にいい季節なので、週末が待ち通しいです。

ではまた

サライ


4月26日 大潮 水温14度
ロッド メジャークラフト エアライツ クロダイモデル 7’3
リール ぼろぼろのバイオマスター2000(多分00モデル)
ライン チタニウムブレイド 0.4号(廃盤なのであと2個で完売)
リーダー サンライン エギリーダー2.5号(10LB)
ルアー CCベイツ 根魚ボンボンチヌスペシャル レーベル クローフィシュ F7765
スポンサーサイト
  1. 2009/04/28(火) 12:22:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宮遠征

毎年1度は墓参りに行くのですが、お墓があるのが和歌山県の新宮市。
三重県との県境にあり、美しい海があるので毎年釣りをするのですが、
全く情報が無いので、毎年全然釣れない(笑)



仕事を終え、メシ食って夜の8時頃に家を出る。
休憩を交えつつ行くと、家から5時間近くはかかるので、到着予定は午前3時。

運転を交代しつつ行って、3時から朝まで釣りして、墓参りして帰ってこようって
予定だったのですが、車の中で大した仮眠も取れず、あてにしていた新宮魚港
はどこから入るのか解らず、結局朝まで車で寝てました(笑)

もー歳なので、夜通し運転すると釣りする元気が無いっす。
で、行って気づいたのですが「新宮漁港」ではなく、「新宮港」だったのですよ、
これが。なので、「新宮港」で検索すると結構情報が出でくる。アホですよねぇ…。

で、適当に寄った漁港で釣りすると写真↑のヤツが釣れました。
何て名前か知りませんが、表層に沸いていたので、てっきりメバルかと思いました。
投げるたびにアタリますが、何せ10cm程度と小さいし、美味しくもなさそうなので、
すぐに移動。

090419-2.jpg

090419-3.jpg

帰り道に車の中から撮った写真ですが、紀伊半島南部はずーっとこんな感じ
で磯になっています。どうやってそこまで行ったのか?と思うような、びっくりす
るような所で釣りしている人が居たりします。

我々もどこか良さそうなところは無いものかと、2箇所ほど漁港によりましたが
日も高く、釣れたのは↓のガシラ一匹。

090419-4.jpg

最後に寄った漁港ですが、夜に行けばそれなりに釣果が出そうな感じでした。
波止と磯が隣り合わせになっていて、磯の先端部分では磯釣り師が数人陣取って
いたので、近くまで行きませんでしたけど、先端のほうはおそらく水深がありそう
だったので、期待できそうです。

通常なら私の家から田辺まで片道4,030円とめっちゃ高いので、行こうって気には
なりませんが、今なら高速道路はどこまで行っても1000円なので、近々行ってみ
ようと画策しています。

釣れたガシラは酒蒸しにして食べましたが、とっても美味でした。
メバルも釣れそうな感じだったので、次回釣行が楽しみです。


めっちゃ疲れた週末でしたが、それなりに楽しかったです。


ではまた


サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/20(月) 14:18:19|
  2. RUN&GUN SALT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

やっとメバルが釣れました!

11日の土曜日、久しぶりに泉南へ。

なんとか20cm前後のメバル4匹ゲットしてきました。

090411.jpg

一番大きなヤツで19cm。でも釣ってから冷蔵庫に一晩入れていたので、釣って
すぐに計るより1cm以上は縮んでいたと思います。

この日は大潮で、満潮が20:13 夕方に家を出て、ポイントに着いたのが18時頃。
満潮まであと2時間しかないなと思いつつ、まだ明るい中釣りを開始するもアタリは
無い。やはり明るいと、ルアーでは魚にバレバレなのかもしれない。

活性が高いと明るくても食ってくるのですが、大阪ではそんな状況は滅多にない。
漁港の中を移動しつつ、暗くなってきたので一番良いポイントに入ってみる。

すると早速あたりがある。小さいのか、アタリだけで乗らないが、それでも人間の
活性はすこぶる上がります。キャストを続けると、何か違和感。コツンでも、軽く
なったわけでもない、何か変な感じがする。

こういった時、私はリールを早く巻いて、いわゆる巻き合わせをします。
ロッドを強く立てる普通のアワセをすると、空振りの時にラインが水を切る音がす
るのか、さっぱりアタリが無くなることがあるからです。

早巻きの後、ちゃっかりロッドに魚が乗りました。
手ごたえからすると、持ち帰りサイズ。

ふっふっふ♪
久しぶりの良い手ごたえに、にやにやしていたらサクッとバラす…。

うぬ~。
これではいつも通りの展開ではないか。

いやいや、今日はそんなことは無いと心に言い聞かせ、キャストを続けると写真に
ある一番大きなヤツがヒット。きっちり抜き上げて、非常に喜ぶ。

にこにこしながらキャストを続けると、全部で6匹釣った。
小さい2匹はリリースしましたが、それにしても今日はいつもと違う。とても喜ぶ。

時間が満潮時に差し掛かった頃、潮がゆるくなりアタリが遠のきました。
これは想定済みなので、二人でラーメンを食べに行き、少しゆっくりして9時過ぎ
から釣りを再開。すると、さっきまで南風だったのが、北風に変わっています。

風向きが変わると、一発で釣れなくなることはよくあることですが、この日もこの後
10cmちょっとのメバルと↓のタケノコ追加しただけで、さっぱり釣れなくなりました。
一気に喜べなくなる。

090411-1.jpg

風の向きは結構大事なモノです。
ここで上手く場所を移動すれば、満潮から下げに入ったトコなので、まだまだ釣れ
そうなのですが、私達は上手く魚の居場所を捕らえられませんでした。

長く釣りをしているとよく解るのですが、釣りにはその日のパターンがあります。
この日のパターンは、南風が吹いている時、背中から風を感じるような時に、激浅の
ゴロタ場をトゥイッチを加えつつ、早めに巻くのが良かったようです。

隣で釣りしていた嫁はサッパリ釣れない。
そう、このパターンを微妙に外しているから、隣で釣りしていても釣れないのです。

面白いことに、3匹目を釣ってから場所を変わったのに、それでも私だけが釣れる。
こんなことがあるのですよ。結局ヤツは12cm程度のを2匹釣って終わりました。

以前ヤツと二人で並んで釣りをしていて、ヤツは2.2gのジグヘッド、私は1.5gのジグ
ヘッドで、同じワームをつけていたのですが、ヤツが5匹釣っている間に私は2匹しか
釣れなかったことがあります。

ヤツが巻いているスピードを見て、同じようなレンジが通るようにリトリーブスピード
を調整したことがあるのですが、でも、私には釣れない。

その日は、「表層から1mくらいを早く巻く」パターンだったわけです。

面白いですよねぇ^^;

そして、私もヤツも隣で釣ったからと言って、同じ事はしない。
この時、3gのジグヘッドでも食ってきませんでしたが、どうしても2.2gは使わない。

こうして意地になり、別のパターンを探そうとして、ホゲるわけです(笑)
ま、それも楽しみの一つなわけです。

さて、メバルが良く釣れるようになると、春が来るということから、「春告げ魚」
とも呼ばれるこの魚。やっと私ごときにもマシなサイズが釣れるようになって
きたので、これからでしょう。

アウトドアで遊ぶには秋と並んで最高の季節ですね。
みなさん、どんどん外で遊びましょう。

ではまた


サライ


4月11日 大潮  水温15.5℃ 
ロッド:アブガルシア ロックスイーパー7’3
リール:シマノ アルテグラAD2000S
ライン:ユニチカ ナイトゲームTHEメバルPE
リーダー:ユニチカ フロロカーボンリーダー 3LB
ジグヘッド:カルティバ メバル弾丸夜光 1.5g
ワーム:エコギア メバル職人ミノーSS カラー 103

PS.ワンダーやブルースコードも使いましたが、この日ハードルアーには無反応でした。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/13(月) 13:44:47|
  2. RUN&GUN SALT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湾奥ぶらぶら

え~3月28日ですから、丁度一週間前のことです。

今ごろすいません。

当日は潮周りもよかったので、泉南までメバルを釣りに行こうと思っていたのですが
出発する頃になっても風がおさまらないことから、大阪湾の湾奥、堺の海をチェックす
ることにしました。

湾奥 堺の海

↑こんな感じのトコで釣りしてます。工場の明かりがキレイですよ。

シーバス狙って湾奥で釣りするときは、数箇所をぐるぐる回ります。
ボートに乗ってる時も同じで、さっきまでダメだった停泊船がウソのように釣れたり
することは多々あるからです。多分実績のあるポイントには魚が付いている、ないし
頻繁に回遊があるのでしょう。

で、この日も3箇所回ったのですが、最初の一箇所目でコツコツっというアタリから
一瞬竿に乗ったのですが、すぐに抜けてしまう、バイトだけというか、バラシというか
そんな反応がありました。しかし、コレだけでテンションは上がるのですよ。

単純な自分が悲しい…。

バラシたような感じになったので、違う方向にキャストして、20分くらいしてから反応
のあったほうにキャストしたのですが、やはり反応はありません。次の場所も反応
なく、その次の場所に着いて釣り始めるとすぐに、「どうですか?」と声を掛けられる。

来たばっかしやちゅーねん。見てたやろ、キミ。
と言いたかったが、そんな意地悪な事を言うほど性格が悪くもないので、「いや来た
ばっかりで」と受け答えしていたのですが、その人達は南のほうからランガンしなが
ら上がってきたそうで、やはり全然釣れていないとの事。

う~ん、水温計ってみたらまだ11度だったので、ちょっと厳しいようです。
先日のボートからの釣行でも、釣りをしている場所の水深を聞くと10m以上あるとの
ことでしたので、ある程度水深のある場所でないと厳しいのかも知れません。

しかし、陸からできる所で灯りのある、水深の深いトコってのは私の知る限り無いの
ですよ、コレが。

結局この日もノーフィッシュで終了となりました。

で、31日、仕事しながらも釣りに行きたくなる。
日曜、月曜と天気も良くて結構暖かかったことから、水温が上がってよくなっている
ような気がしてならないわけです。こうなるとじっとしていられない。

仕事を終えて、夜8時過ぎに出発。
行く道中、釣れた時にその場ですぐに逃がしたら釣れなくなることが多いので、一旦
網の中に入れておいて…などとボウズ続きのクセに、釣れた後の事を考えたりしなが
らポイントに向かうアホなオッサンがいるわけです。

そしてポイントに到着し、準備をすると…

網が無い…。

どうやら先日どこかに置き忘れてきたようです…。
気に入ってたのに…めっちゃ悲しい。

これで一匹釣れても後が続かなくなるなぁ…なんぞと考えていたのですが、そんな
心配は全く無用で、この日はアタリも無いまま撃沈でした。


まーいつもボウズ続きの湾奥釣行ですが、通っていないと良い時が来た時に外して
しまいます。過去、4月と11月に良い釣果が出ていることが多いので、そろそろ期待
しています。

来週は20℃を越えるような日が続く予報が出ていますので、水温も一気に上がる
と思います。水温が上がればチヌも、メバルもシーバスもよくなりますし、何より外で
遊ぶのが楽しいです。

冬の名残が残る春は、もうすぐ終わりを告げます。
春真っ盛りは目の前ですね。


ではまた


サライ
  1. 2009/04/04(土) 11:04:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0