釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

更新のネタなし!

いやぁ~タイトルの通りっす。

14日は、一応釣りに行ったんですが、サッパリだめ。
アタリもなく撃沈です。

ソルトアスリートの釣果情報を見ていると、悪いながらもぽろぽろとはシーバス
が釣れているわけです。彼らの縄張りは「堺」近辺で、陸から出来るところは
ありませんが、似たような場所はあるので、そのあたりをランガンしてみました。

が!…。

まぁ、こんなモンですよ。

で、21か22日は絶対釣りに行ってやろうと思っていたら、22日息子が用事で
家に来るというので、よし、こいつを連れてアスリートのちょいのりで出てやろうと
考えたのですが、なんと22日は夕方を待たずして雨…。

21日に釣りにいっとけば良かった…と思った次第です。

何せ家から出ないこの仕事、引きこもっているので外に出るのは楽しい訳です。
外に出ると言っても、スーパーに買い物に行っても楽しくもなく、やはり「釣り」
なのですよ。潮の匂いのするところに行くのが良いです。

しかし、釣具屋のブログとして、こうも釣果が出ないブログも無いな。
激しく自覚しよう。


今週は何があっても釣りに行って、釣れなかったら船をチャーターしてでも
釣果情報出すつもりですので、お楽しみに。

返り討ちに逢わないように気をつけます。

ではまた


サライ
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/24(火) 17:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

能登からの釣果報告!

能登の江崎さんから釣果報告が届きました。

粘っていたら真夜中になり、なんと-3度の中での釣りになったそうです。

それでは記事をどうぞ!

----------------------------------------------------------------
満月を待っておりましたが、どうにも待ちきれず、行ってきました。
予報では晴れで凪、半月でも半分は海面を照らしてくれるだろうと。

ポイントに着いてみると天頂あたりに少し丸くなった上弦の月がぽっかりと浮かんで、
淡い青色の光を海に投げかけており、満月とまではいかなくとも、月影が出来るほどの
明るさでした。風も緩い追い風、いい感じ。

ところが、海の様子は凪ぎどころか2メートルの波が逆巻き、足下はサラシの渦でした。

でも釣れんことはないだろうと先ずはハードルアーでサラシの中を探ってみました。
これまでこのポイントは凪でデカイのが釣れたことはなく、かえってサラシが出ている
方が好都合だったのです。

とはいえ、この夜は荒れ過ぎではありましたが。
方向と深さを変えながら引いてみましたが、反応はなし。

次はジグヘッドでやってみましたが、駄目でした。

で、またハードルアーに変えて、色んなやつを投げてみました。
でも音沙汰なし。

そんなことをやっているうちに2時間経過。
快晴はいいのですが、その分、放射冷却で空気も凍りつきそうでした。

帰ろうか、と思いましたが、すぐその考えを否定しました。
もう少しやってみようと。

アタリはないが、魚がいない筈はない。
しかし、サラシの中に出てきて、サラシに打ちのめされ弱った小魚を食う元気はないらしい。
今は産卵を終えた身体を穴に引っ込んで休ませているのだろう。静かなところで。
難しい釣りだが、釣れないとは限らない。

そうだと思いました。サラシの向こう、遠いところを狙ってみようと。
波が砕けて白い渦になっていないところ。
比較的静かで沈み根のある、深いところ。

飛ばしウキのファーストシンキングに長いリーダーと軽めのジグヘッド。
食いが渋いときは長めのリーダーと軽いジグヘッドが効きます。
そいつをフルキャストしました。
竿を振ると、追い風に乗って直線の弾道が闇に消えて行きます。
サラシの遥か向こうに着水。

そして竿を股にはさみ、かじかんだ手に息を吹きかけカウントダウン。
ふーっ!ふーっ!ふーっ!・・・・・
と15息を吹きかけ、リトリーブ開始。
この15の間に仕掛けは深みに沈み、手は幾分暖まります。
そうっとソアレを回します。そうっと。
するとコツンとわずかなアタリ。
でも乗らない。

再び、同じ方向に投げ、同じ深さ。同じように引いて来る。
同じところにさしかかったところで、またコ、コ、コ、・・・合わせるとゴッ!と乗りました。
竿がしなります。やった!!
根に潜られないようソアレの高速ギアで巻き上げます。
でも、尺クラスではないのはすぐに分かりました。
サラシの海面を滑るように白い直線で近づいてくるのが見えます。
足下まで来たのを確かめ、えいやっ!と抜き上げる。
軽いわ~~、22センチでした。

最初の22cm

次のキャストでまたヒット。22センチ。

そのまた次のキャストでもまたまたヒット。25センチ。

ソアレ30とデカメバル

その後暫くは一投一匹となりました。
ヒットする場所は右斜めの方向、遠くの深いところ、一点でした。

2匹目の25cm

でも、入れ食いは長くは続きません。
やがてプッツリと糸が切れたようにアタリが遠のきました。
結局、25センチ~22センチ9匹。
尺クラスは掛かりませんでしたが、22センチ以下も掛かりませんでした。
そのことから、このサイズの小さい群れが回遊してきたのだと思いました。

2月4日メバル釣果

その後、一時間粘りましたが、ついにアタリは戻ってきませんでした。

もういくら息を吹きかけても指は痺れて感覚がありません。
もう限界だろうと、帰ることに。

海に向かっては北斗七星が水平線の上に輝き
車までの帰りは頭上オリオン座が瞬いていました。

帰り道、道路の気温表示がマイナス3度を告げていました。
うひょ~~!!痺れるわけだあ~~。

という、これまでで一番寒い釣りでした。
尺の写真はそのうち必ず。


ロッド、テンリュウ、ルナキア9.3フィート
リール、シマノ、ソアレ30、2500HGS
ライン、ラパラ、チタニウムブレイド0.6号(14lb)

飛ばしウキ(FS)+リーダー、フロロ6lb、1メートル、+がまかつコブラ29、0.6グラム
ワーム、MARS 2.2インチ、ガルプ・ベビィサーディン

--------------------------------------------------------------------------

私はあまり粘るのがダメで、少し釣れないとすぐに移動したくなります。
せいぜいがんばっても1時間程度かな?アタリがあるともう少しは粘れるのですが
アタリも何にもないと、もうダメです。

やはりこういう粘りも、デカイのを仕留める人には必要なようです。
色々なブログを読みますが、信じて粘っている人が釣っていますね。
もちろん信じるに足りる根拠がある場所です。

私も土曜(7日)の夜に出撃しましたが、サッパリだめ。
小規模な磯があるので、そこでブルースコードのC60をかっとばしてみましたが、
アタリもなく、ロストしてしまいました…。思っていたより浅かったのが敗因ですね。

で、移動していつもの場所に行くも、ここもサッパリダメ。
これでは久しぶりにボウズになってしまいそうなので、帰りに泉佐野漁港によって
みました。ここもあんまり釣れないのですが、水深があるのでまだマシかなと思い
やってみましたが、なぁんと7cmのメバル1匹(笑)

このメバル、よほど運が悪いのでしょう。
普通このサイズのメバルは、まずフックに掛からないですからね。

水温は10.5℃と、先週より1度上がっていたので、もう2~3度上がると期待でき
そうです。ま、いいとこ20cmですけどね。

春が待ち遠しい今日この頃ですね。


ではまた

サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/09(月) 19:18:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009 大阪フィッシングショー!

6日の金曜日、大阪フィッシングショーの業者日に行ってきました。
大阪の問屋は、西日本全域の小売店が集まってくることから、この時にあわせて
売り出しをしますので、木曜は問屋を2件まわってきました。

ま、店はこの時期暇なのでいいのですけど、ちょっとバタバタしてました。

入り口

↑入り口はこんな感じ。
大阪の南港ってとこにある、見本市の会場です。

09fishingshow-2.jpg

かわいいおねーちゃんが居たので、ちょっとカメラを意識してもらいました。
でも…どこのメーカーだったかな?

09fishingshow-3.jpg

↑これはバークレイのブースに置いてあった水槽。
ワームが水流でゆらゆら揺れる感じが見れます。

09fishingshow-4.jpg

↑オリムピックのブース。
カッコ良かったので、写真撮っておきました。

写真にも写っていますが、欧米の人かな?白人の人が今回は目につきました。
韓国や中国の人はこれまで結構みられたのですが、日本まで仕入れに来たのかな?
中国や韓国なら近いので、飛行機で1~2時間でこれるでしょうから、取引きしやすい
でしょうけど、あまり遠いと滅多に来れないから難しいような気がしますけど…。

ま、日本の釣具業界もインターナショナルになるのは良いことでしょう(よく解らん 笑)

店は暇と言っても、注文や問い合わせが少しはあるので各メーカーに立ち寄って、
今年のカタログだけを集めていそいそと帰ってきました。

私も釣りをするので、各メーカーのブースをじっくりと見てまわりたいので、日曜にもう
一度行ってきます。

みなさんも、ぜひ大阪フィッシングショーに足を運んでください。
色々なブースがあって楽しいですよ。


ではまた


サライ
  1. 2009/02/07(土) 10:54:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0