釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

沖堤防 リベンジ!

今回は返り討ちに合わずに、しっかりリベンジしてきました!

場所は前回同様、泉佐野にある沖堤防。
菊川渡船に一人1800円払って渡してもらう。
去年は1600円だったけど、ガソリンの高騰で値上げしたみたいです。

先週は日曜だったので、翌日の仕事の事を考えて夕方7時で帰ったのですが、
今回は土曜日なので、夕方5時にあがって9時に帰ってくることにしました。

餌釣りの師匠情報では、小型のメバルが沸いていると聞いていたので、
ヤツはメバル・ガシラを狙い、私は太刀魚リベンジなわけです。

堤防に上がって、まずは仕掛けを作る。
と言っても、餌釣りとは違ってかんたんなもので、ケミカルライトの下にワイヤー、
その先にAXヘッドをつけて、マナティを装着すれば完了。

先週は1/4オンスのAXヘッドに、75mmのマナティだったのですが、90mmの
ほうが良かったという村上氏の情報から、90mmをリグル。

90mmの場合、ヘッドも3/8オンスと1サイズあげなければならないのですが、
重量が増えると当然縦の動きが早くなります。これが良かったのか、はたまた
ベイトのサイズが前回釣った時より大きくなったせいなのかわかりませんが、
今回は2本の太刀魚をゲットできました。

太刀魚とガシラ

夕方の5時過ぎ開始ですから、正にマズメ時。
次第に暗くなり始めた6時頃、小さい前アタリのあとに「モゾっ」ときました。
すかさずフッキングをくれてやると、いい手ごたえ。指4本クラスです。

で、それから30分もしない頃に着水してから1mも沈んでいないようなレンジで
今度は「ガツン!」と解りやすいアタリ。しっかりフッキングしてました。

しかしアタリはこれっきり。
周りをみても全然釣れている様子ではなく、釣ったのは見えている範囲では
私だけの様子。右隣のオッサンは間違いなくボウズで、左隣のオッサンは
7時半ころ1本釣っただけ。もちろん両隣は餌釣りです。

沖堤防と言っても広いのですが、先週餌釣りの師匠が1時間くらいの間に4本
釣った場所にはエライ人が居て、少し空いているところに入ったので、場所
は良くなかったと思いますが、それにしても全然アタリがない。

その間ヤツは得意の底ベタを発揮しているのですが、写真のガシラ一匹…。
メバルは全然ダメ。翌、日曜に師匠が行っていて、電話で「ちっこいけどメバル
入れ食いや」と言ってたのですが、何故かワームに反応が無い。

途中私もメバルを狙ってやってみたのですが、全然ダメ。
8時を回った頃に、時間も迫ってきたので、太刀魚1本に絞ってやり始め、8時半ころ
やっとこさ待望のアタリがありました。

よっしゃ!っと合わせた瞬間、なんとラインが切れた…。
途中、投げた瞬間切れるいわゆる「高切れ」があり、リーダーを結ぶのも面倒なので
ワイヤーに直接で結んでいたのが原因。なんとも情けない話である。

大体0.8号みたいな細いPEラインで、エギやワインドみたいに結び目にどんどん負荷が
かかるような釣りをしている時に直結して良いわけはない。少しくらい大丈夫だろうなど
という横着なことを考えると、2時間ぶりにやっとあったアタリを逃すことになる。

自分の横着が原因で、最後の1匹を逃してしまったのでめちゃめちゃ悔しい。
しかも、ケミカルがもう無いので、納竿せざるを得ない状況だ。

リベンジできたのは良かったけど、最後の最後に悔いの残る釣りでした。


この太刀魚、刺身やらソテーにして美味しくいただきました。
あんまり美味しかったので、来週も太刀魚釣りに行ってきます。

10月25日 中潮

ロッド ダイコー エギグランド カスタム 8’2
リール 04バイオマスター 2000
ライン ファイヤーライン グリーン 8LB
ジグ AXヘッド 3/8
ルアー マナティ90 カラー:MT-8


ではまた

サライ

ではまた


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/27(月) 14:09:11|
  2. RUN&GUN SALT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2週連続ボウズ食らってしまいました…

うぬー。

くやしい。

2週連続ボウズを食らって、しかも今週は沖堤防に金払って渡ったと
いうのにボウズである。

むー。

12日の夜、世間は3連休らしくどこ行っても人、人、人。
全く釣れる気がしなかったら、やっぱり釣れません。

10cmくらいのアジ2匹釣ったけど、即リリース。
元々秋の子イカを狙っての釣行でしたが、ホントに人が多くてダメダメ
でした。土曜から延々と攻められ続けてイカもうんざりしてたのでしょう。

で、19日は泉佐野の沖堤防に上がる。
午後3時から渡してもらい、7時の船で帰ることにしたわけです。
ここのところ小型ながらメバルが爆釣していたようなので、メバルやアジ、
夕方から太刀魚というコースで臨んだわけですよ。

ところがどっこい、この日はメバルもアジもダメダメ。
一緒に行ったのは餌釣りの師匠で、隣で青イソメ付けてやってるのに
それでも釣れない。先週は良い釣果だったらしい…。

で、夕方日が暮れそうな感じになってきたので、先日釣ったワインドで
太刀魚を狙う。隣では兄さんがキビナゴ付けて餌で狙う。

どんなもんかと思いつつ、兄さんのウキを見ながらやってたら、気持ちよく
ウキが沈む。兄さんがフッキングする。載った。

と思ったら私にもアタリ。
ガツン!という気持ちの良いアタリではなく、なんだか「もぞっ」っていう
ようなアタリ。合わせると載った。よく引くので良いサイズっぽい。

非常に気分よく巻いてたら、ふっと軽くなる。
げげ…バラしちまった。

まぁ、始まったところである。
あと1時間はあるので、気を取り直して始めると、また隣で兄さんのウキが
沈む。フッキング。載った。

と思ったら私にもアタリ。さっきと同じような感じで嫌な予感がする。
今度も「もぞっ」って感じだったので、がっちりフッキングさせるために追い
合わせしたのですが、またまたバラシ…。

隣ではしっかり釣っている。非常に悔しい。
まぁ、気を取り直して…っと思ったら、そこからはよく前アタリに出る「コンッ」って
いうアタリが数回あったのみで時間が来てしまった…。

結局兄さんは4枚釣って私は2バラシでボウズである。
非常に悔しい。

友人の村上氏はルアーで釣った太刀魚を、餌釣りの人達に配ってやったと
言っていたのにエライ違いである。

答えはかんたん。彼が上手くて私が下手なのである。
とってもシンプルな答えなので、考えると余計に悔しい。

このままでは終われない。
ここはリベンジするまでである。

沖堤防…待っとれ!

大抵返り討ちにあうけどね(笑)

ではまた


サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/21(火) 19:49:22|
  2. RUN&GUN SALT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりのキビレ

久しぶりにキビレ釣りに行ってきました。

結果は3枚。
みな小さかったけど久しぶりに楽しめました。

子キビレ2

この日は満潮が午後8時過ぎ。土曜日なので早めに仕事を切り上げて、5時半には
釣りを開始。8時までが勝負である。

場所はいつもの堺の海で、いつもは駐車場に車を入れてからポイントまで結構歩く
のだが、久しぶりなので駐車場の近くから釣りをしながらポイントに近づくことにする。
するとコツコツとアタリがあり、ん?活性が高いのか?と喜ぶが、全然乗らない。

多分魚が小さいのだと思う。で、そのまま釣り歩くと、結局いつものポイントあたりで
1枚ゲット。サイズは15センチ強と小さい。こいつは写真に納まる前に逃亡。

今年は5月頃から釣れ始めて、8月に水温があまりに上がってからアタリが無くなり、
9月はキビレが産卵で浅場から消えることから、10月まで待っていたわけです。
しかし、まだ産卵明けで大型はシャローに居ないのかなと思いつつ再開。

するとすぐにもう一枚追加。
写真上のヤツで、こいつも16~7センチと小さい。

久しぶりだし、釣れると嬉しいのですが、せめて25cmくらいは欲しいところですね。

子キビレ

で、その後にもう一枚追加。
これも同じようなサイズ。

ウロウロしている間に満潮を迎えて、納竿としましたが
う~ん、何だかなぁ…って感じです。

去年は10月に良い思いをしているので、これからよくなっていくでしょう。
40センチを超える大型も珍しくないので楽しみです。


10月4日 中潮 水温 25.5度

ロッド メジャークラフト エアライツ 黒鯛モデル
リール 04バイオ2000
ライン バークレイ ファイヤーライン グリーン 8LB
ルアー レーベル ビッグアント


ではまた


サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/10/07(火) 18:28:41|
  2. チヌ 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0