釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

久しぶりのボートシーバス




24日土曜日、能登から来ている江崎さんとボートシーバスへ。

当日は昼から雨。
夕方にかけてどんどこ雨。
そして釣りしている間は大雨…。

↑の写真見て、ずんどこ雨が降っているのが解ると思います。

年に数回しか行かないのに、そんな時に降らんでもええやないかと
言いたいが、まぁ、しょうがない。

080524_2.jpg


釣果ですが、大小織りまぜて8匹。
最大は写真で私が持っている78cmでした。
少し叩いたら80なるかと思いましたが、やめときました。

状況は言わずとしれた最悪。
長く釣りしている人はご存知でしょうが、降り始めは結構良い。
ところが雨が降り始めてから数時間たってからの釣行ですので、こういう状況
はよくない。しかも雨が強いせいで、視界も悪くどうにも釣りがしにくかったです。

操船してくれた船長も大変だったでしょう。
でも、そんな中、良いポイントに案内してくれて、バラシを含めると13~14くらい
はいったので、上々でしょう。

パターンはイカパターンで、通常はミノーで表層を探るのですが、この時期は
底近くを探る釣りになり、地味ですが結構楽しめました。

大雨の中、船長、江崎さん、お疲れさまでした。

ではまた

サライ


スポンサーサイト
  1. 2008/05/26(月) 15:18:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

江崎さんチヌを釣る

21日の夜、能登から来ている江碕さんを案内してチヌ釣りへ。

先日バラシを含めて4枚掛けたので、ぜひ釣ってもらいたいと思っていた所、
19日に結構な雨が降り、20日は強風で21日は朝から南風。

前回同様、程よい濁りが入っていそうだし、満潮が夜8:30頃と状況が揃って
いたので、誘ってみたわけです。

080521_chinu1.jpg

で、↑のキビレゲット。

底を取る釣りは難しいと、ここでいつも偉そうに書いているわけですが、
さすがに能登で尺メバルを連発させているだけあって、ルアーのロストゼロで
ちゃっかり釣ってくれました。

この日は私が先に歩いていたのに、後ろからきた江崎さんに先に釣られて、
これはヤバイと思ったのですが、なんとか私も1枚ゲットできました。

でも、先日程には状況が良くなかったようで、この2枚で終了。
夜10時を過ぎた頃には、潮がピタッと止まってしまい、風もやんでしまったので
納竿としました。

大型を期待しましたが、中々思うようには釣れませんね。
ま、釣れたので良しとしましょう。

明日は江崎さんとボートシーバスです。
日本中を見ても、チャーターボートでシーバス釣るなんてのは、東京、神奈川、
大阪、神戸といった大都市だけなので、ぜひその魅力を感じて欲しいものです。

自然が相手の釣りなので、ボートから釣りすれば必ず釣れるというものでも
ありませんが、爆釣を期待しましょう。


ではまた

サライ
  1. 2008/05/23(金) 11:20:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18日の釣果

タイトルの通り、18日の釣果です。
今頃かい?と、書いている私自身も思うのですが、1週間でこれだけ更新
するのも珍しいので、良しとしましょう。



18日はここの所調子の良い、泉州の漁港に行ってきました。
今回は数釣りではなく、ちょっとでも大きいのを狙おうと考えたのですが、
結果から言いますと、いつもどおり…やはり小物の数釣りになってしまいました。

5月4日は、開始10投で6匹と小型ながら良い調子だった場所から開始。
前回暗くなってから、少し大型にフックアウトされた事もあり、期待したのですが、
何故か全くアタリなし。しかもフグが沸いていて、ワームはガシガシに噛み
切られているというオマケ付。

開始早々「なんだそりゃ?」状態。
仕方なく、あちら、こちらと移動を繰り返すもサッパリダメ。

数釣りが出来た場所に行ってもアタリすらない。
4日の日とそんなに条件が違うとも思えないのですが、アタリが無いでは
しょうが無い。

で、こんな日もあるさと、最後に最も数釣りが出来た場所にもう一度だけ
行って、帰ろうという事になったわけです。すると、写真のサイズ10cmチョイ
程度のメバルが前回のように釣れはじめました。

どうやらこの日の時合いが遅かったようです。
ここから、いつものように大物狙いに変えていけばよかったのでしょうが、
それまで「つ…釣れん!」と歩き回っていたせいで、へろへろ。

午後10時には納竿となりましたが、釣れ始めた9時頃から二人で20以上
釣ったと思います。(全てリリースサイズ)

結局釣れないと、すぐ数釣りに走ってしまうので、大物を釣るのは私達
には難しいようですね。楽しかったので良いんですけどね。

ちょっと大きいのも釣ってみたいなぁと思う、今日この頃です。

5月18日 大潮 水温17.5度

ロッド:ロックスィーパー 7’3
リール:アルテグラ AD2000
ライン:ファイヤーライン クリスタル
ルアー:フグが多かったので、ママワームを多用
この手の新素材ワームはフックに刺しにくいので、あまり使わないのです
が、フグ対策にはバッチリです。結構釣れますよ。


ではまた


サライ
  1. 2008/05/22(木) 18:12:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江崎 満 木版画と土の仕事

タイトルの通り、18日(日)は江崎さんの個展に行ってきました。
この方、ここでは何度も紹介していますが、能登半島の過疎の村在住で
よく尺メバルの釣果報告を送ってくれる方です。

江崎さん 展覧会

↑作品はこんな感じで、魚やイカなど釣りにかかわるモノが多いです。
作品が展示されているのは、大阪大正区にあるブリコラージュというお店。
木工所を改造して創られた空間はめちゃめちゃオシャレです。

前回、奈良で行われたギャラリー夢雲も良い感じでしたが、ここも良い感じです。

大正 ブリコラージュ1

私達が行った18日は、前年出版された童話「たったひとつの」の朗読会もあり、
江崎さんの地元で活躍するデザイナーさんが全くのボランティアで、紙芝居風に
して朗読されていました。

ドラムでの音響効果もあり、朗読された方の声のよさが引き立ってプロの朗読
のようで、楽しませてもらいました。

江崎満という人、私の見た感じでは風変わりな、わがままなオッサン(笑)といった
感じですが、言い換えれば強烈な個性なのでしょう。

その強烈な個性を発信する形として、版画や焼き物があるような気がします。
展覧会は、こういった強い個性が発信するモノに惹かれる人達が集まる集い
なのでしょう。

私は残念ながら、芸術はサッパリですがこういった雰囲気は結構好きですし、
ギャラリーのアットホームな感じも気に入ってます。

興味がある方は、ぜひブリコラージュへ足を運んでみてください。
以外に楽しめるかもしれませんよ。


18日の釣果はまた後日更新します。

ではまた


サライ

  1. 2008/05/20(火) 13:49:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テキーラで岡からキビレ獲ったど!

いや~快釣♪

今回は3枚も釣っちゃいました。
めちゃめちゃ嬉しい。

では自慢話をどうぞ!

チヌ1

17日の土曜日、今回はチヌ釣り。
チヌと言っても、私の行くポイントではほとんどがキビレですけど、私にとっては
そんなことはどうでも良い。なんとなく、黒いのも釣ってみたい気もしますが、
こだわりはありません。釣れれば楽しいのです。

2週間前の5月3日に同じ場所でやりましたが、その時はノーバイトでフィニッシュ
でしたが、今回は違いました。

ポイントに着いてみると、良い具合に濁りが入っている。
よし!今日は釣れるぞ!(←毎回思う)と気合を入れる。

この日は満潮がPM5:30頃だったので、6時前くらいからスタート。
いわゆる夕マズメ時です。

まず水温を計ってみると、なんと22度…びっくりしました。
18日に泉南方面で釣りした時の水温は17.5度だったので、5度近く高い。
やはり都市部は気温、水温が上がりやすいのでしょう。

これは好条件が揃っていると期待が高まるも、サッパリ当たりなし。
ヤバイ…この前の二の舞か…またも返り討ちか…。

などと思っていたら、7:00頃にやっとアタリ。
やはり明るいとダメなのかもしれません。

アタリがあると一気にやる気になるのは釣り人の性ですよね。
集中力を高めていると、来ました。

080517_3.jpg

↑サイズは25cm程度と小ぶりでしたが、とっても嬉しい。
久しぶりに岡から釣れたのが良い。なにせ岡からの場合は緊張感が違う。
こんな小さい魚でも、キビレの場合はよ~く引くので、大丈夫かな?などと
考えながら魚とやりとりするのが楽しい。

フックを外してリリースし、さぁもう一枚!と開始すると、一番上の写真にある35cm
くらいのを追加。こいつはよ~く引いたし、抜き上げるのをためらうような重さだったので
慎重にネットですくいました。フックがエラに掛かったわけでもないのに、出血している
ので、少し気になりましたが、リリースすると元気に泳いでいってくれました。

こうなるともう、非常に機嫌が良い。
夜中に40代半ばのオッサンがニヤニヤと釣りをしているのを、普通の人がみたら
通報しかねないような絵づらでしょうが、そんなことは気にしない。

弛緩した顔はそのままに、集中力が上がっていくのを感じつつ再開する。
水面を見るとバチが泳ぎ回っている。時折、ボラのジャンプに混じって、シーバスっぽい
ボイルがある。ボイルと言っても、魚を狙う時のような派手なものではないのですが、
どうもシーバスのような気がする。

そこでルアーをシーバス用に変えてみる。
前回は9cmクラスのルアーしか持っていなかったせいか、アタリだけで終わったこと
もあり、今回は5cm程度のルアーも持っていってたので、色々と投げてみるも今回は
アタリすらなし。やはりこれだけ生エサが水面に沸いていたら、わざわざ怪しいルアー
を食すようなバカな魚は居ないようでした。

で、またテキーラに戻して釣り歩くと、またもヒット。
今度は抜き上げるときにバラシ。かかりが浅かった様子。

ま、しょうがない。
こういうこともある。しかし調子が良い♪

その後、そろそろ帰ろうかと思った頃にもう1枚追加。

080517_2.jpg

サイズは最も小さくて、20cmあるかないかでしたが、夕方から3~4時間の
釣行で3枚も釣れたので、充分です。

去年は同じ時期にワームでやっていて、アタリだけでサッパリ釣れなかった
ことを思うと、非常に嬉しい。自分が釣りをする狭いフィールドの中の出来事ですが
一つのパターンにハメルことが出来たので、納得です。

翌18日の日曜は、能登の江崎さんが大阪の大正区で展覧会をやっているので
顔を出してきて、その後泉南にメバル釣り。

この模様はまた後日ご報告いたします。

5月17日 中潮 水温 22度
ロッド:メジャークラフト エアライツ7’3 クロダイモデル
リール:05バイオマスター2000
ルアー:レーベルクローフィッシュ F7765
ライン:チタニウムブレイド 0.4号 リーダー 2.5号

ではまた


サライ
  1. 2008/05/19(月) 16:11:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

能登の江崎さんが大阪で個展を開きます

タイトルの通り、能登からデカメバルの釣果報告を送ってくれる
江崎さんが大阪、大正区で個展を開いています。



brico_3.jpg

昨年、オオサンショウウオを主人公にした、童話を出版されたので
今回は朗読会もあるようです。
brico_2.jpg


↓場所はこちら。
brico_1.jpg

私たちも日曜に行こうと思っていますが、興味のある方はぜひ訪れて
みてくださいね。

ではまた

サライ

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/16(金) 15:05:41|
  2. 日々雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知県のお客様からの釣果報告!

23センチ

愛知県にお住まいのお客様で、ここのブログにもリンクしてある
ソルトルアー日記の管理人さんが写真を送ってくれました。

サイズは23センチで、咥えているのはレーベルのカッタークローラー。
この方、ハードルアーで狙うのがお好きなようで、色々なハードルアーを
使って魚をゲットされています。

これからはカサゴやソイといった底物が良い季節になるそうで、ヘチを
攻める釣りでは良いサイズがくるそうです。

ホントに良い季節になってきたので、釣って楽しく、食べて美味しい
ソルトルアーを楽しみましょう!

ではまた

サライ

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/09(金) 18:49:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと持ち帰りサイズ

今年のゴールデンウィークも、今日6日で終了ですね。
当店も3・4日と連休させて頂き、ありがとうございました。

さて、その3・4日はもちろん釣りに行ってまいったわけです。
本当はもっと行きたかったのですが、どうも体調が優れない。

先日メールマガジンのネタにもさせてもらったのですが、春先のこの時期
徐々に暖かくなり、日照時間も長くなってくると、朝起きる時も、仕事していも、
とにかく眠いしなんだかだるい。

これは、冬の間活動が抑えられることや、冷えなどから血流の循環が悪くなり、
体内に老廃物が蓄積されていることが原因だそうです。

とりわけ肝臓には非常に辛い季節だそうで、老廃物を一気に解毒してしまおうと
フル回転するそうです。これが原因なのか、どうも体がだるくて調子が悪い。

でも、せっかくの休みだから外に出ないと、体が腐ってしまいます。
で、土曜日の夜はチヌを狙ってきました。

昨年のブログを見ると、エサ釣りの師匠と二人で5月6日に釣行して、私1枚
師匠数枚のキビレをゲットしています。こういう時にブログの有り難さが実感
できますね。

今年は4月に1枚キビレをゲットしていますが、今回は本格的に狙ってきました。
が、ノーバイトでフィニッシュでした…。

潮は大潮、満潮からの下げを狙い、午後5時半頃から開始し、得意のテキーラ
を使って、岸沿いから少し沖まで4時間近く探り歩きましたが、サッパリダメ。

途中、ピックアップ寸前に小さいシーバスが飛びついてきたので、持っていた
ミノーに変えましたが、アタリだけで載らない。ミノーが9cm程度だったので、
大きすぎたようです。

気温が随分上がっているようで、防寒着も要らず快適だったので
まぁ、良しということで。

4日は夕方6時過ぎが満潮。
ここ2回ほど良い思いをさせてもらった漁港で、メバルを狙います。

6時頃に着いたので、潮が動き出すまでにはちょっと早いかなと思いつつ
開始すると、最初の10投で6匹釣れました。サイズは以前と同じく10cm
チョイですが、コレだけ釣れると面白い。

まだ明るいし、時間も早いことから1時間くらいは釣れないと思っていたら
ポンポン釣れたので、ちと驚きました。でも、今回は持ち帰りサイズを釣って
やろうと思っていたので、仕掛けを変えてみます。

少し沖に流れのヨレが見えているので、飛ばし浮きをつけて遠投。
表層から底近くまで探ったのですが、全く反応なし。

どっぷり暗くなってきたので、ジグヘッドに戻して数投するとちょっと良いサイズ
が掛かりました。よ~く引いたので、20cmクラスではないかと思いますが、
手前まで来てフックアウト。悲しい…。

最初に開始した時、明るかったせいでライトを持っていなかったので、車にライト
を取りに行って、ポイントに戻ると既に違うアングラーに占領されていて更に悲しい…。

ま、ポイントは他にもあるので場所を変えると釣れました。
18cmクラスのメバルが2匹。

しかし、ここの所10cmクラスのメバルばかりだったので、エライ引きが強く
感じられました。嬉しい2匹です。



↑一匹は刺身、もう一匹は塩焼きとなりました。
めちゃ美味♪

その後テトラの外側を狙ったり、色々とやりましたが残念ながら釣れる魚は
10cm程度と小型ばかり。釣り始めて4時間を経過して、結構疲れたので、
この日は納竿としました。

今回は久しぶりに持ち帰りサイズも釣れて、数も釣れたので楽しかったです。
こうなるともっと大きい魚と考えるのですが、基本的に私は釣れれば何でも
楽しいです。大物狙いで1日1~2匹より、小型中型まぜて10匹釣れるほうが
楽しいので、とっても満足な1日でした。

5月4日 大潮 水温:17℃
ロッド:ロックスィーパー 7’3
リール:シマノ アルテグラAD 2000S
ライン:ファイヤーラインクリスタル 4LB
直結でも問題なく食ってきました。
ルアー:マリア ママワーム・カーリー(夜光)  レインズ メバミート(オレンジ系)
メバル職人ミノーSS(クリア系)

ではまた

サライ
  1. 2008/05/06(火) 12:16:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2