釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

絶好釣~~~!

45はありそう


とは言っても、2枚ですけどね。

でも、ボウズ続きが当たり前だった私達にとっては、ホントに嬉しい。
これまでは、数回の釣行で二人で1、2枚だったことから、パターンとは
言えず、どちらかというと、「まぐれ」的な釣れ方だったから、テキーラで
一つのパターンを見つけ出す事が出来たことは、ホントに嬉しい。

35センチくらい


パターンというのは、岸ギリギリをトレースすることです。
石積み護岸の場合、岸際には岩が敷き詰められているため、ワーム
を投入すると、岩と岩の間にワームが入ってしまい、即根がかってしまう。

なので、ワームの場合は岸でも少し沖目に投げていたのですが、テキーラに
使うフローティングタイプのルアーであれば、根がかりは激減する。

少し引っかかっても、フローティングなので、リトリーブを止めれば浮いて
くるので、シンカーが付いていても、よほど運悪く岩と岩の間に入らなければ
回収できるし、岸際なので、反対側に回れば大抵大丈夫である。

チヌやキビレたちは、満潮時に岸際にやってきて、干潮時には水の無かった
場所にいたカニなどを狙うのでしょう。

こういった固体を釣るパターンが一つ確立されたわけです。
前回は45センチクラスを1枚と、小さいのを1枚、前々回は小さいの1枚と、
逃してしまいましたが、デカいのを一枚掛けています。
これはもう、パターンと言ってもいいでしょう。

まだまだ、もう少し深いエリアなど釣り方を工夫しないと、満潮以外はダメ
ってことになりますね。

いつでも魚を手に出来るようになりたいモンです。

明けて28日の日曜は、前回パッとしなかったサヨリ釣りのリベンジ。
今回は場所を変えて臨んだのですが、悲しいことに10cm程度のアジ数匹と
モンゴイカ2杯。

どうやら場所を間違えているようです。
先日も書きましたが、サヨリが波止に寄ってこないとどうにもならない
釣りですので、今度はよ~く場所の下調べをしてから行かないとダメですね。

魚釣りですので、釣れるに越したことは無いのですが、今のような
季節は外に居るだけでも結構気持ちが良いですね。

今回は嫁が弁当作ってくれたので、二人で外で食べているとものすごく
メシが美味く感じられます。

今度の日曜は久しぶりにボートシーバスに行ってきます。
良く釣れているらしいので、楽しみです。


では


スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 18:00:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

能登の江崎さんから釣果報告が届きました。

能登のアオリ

能登の越前でゲットしたそうですが、立派な型ですね。
そろそろ秋アオリも終盤です。

大阪湾では、11月に入るとパタっと釣れなくなりますので、今のうちに
釣っておかないと、来年までチャンスが無くなります。

江崎さんが、今度版画で童話を製作し、11月に東京で展覧会をされるそうです。
案内がきたら、こちらでも告知しますので、ぜひ行ってみて下さいね。

私も残念ながら芸術はサッパリですが、今年の春に奈良で行われた展覧会に
行った所、その場の雰囲気だけでも充分楽しめました。

また告知します。

では

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/10/24(水) 20:19:15|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと大物キビレ獲ったど~~~!

やっとデカいキビレが釣れました^^




20日の土曜日、友人のヒロさんといつもの場所でチヌ釣り。
この日も現在マイブームである、レーベルのクローフィッシュを使った
「テキーラ」で狙う。

このリグはどんな仕掛けかというと、エビ型の小さいクランク(1.5インチ)に
中通しのオモリであるテキサスシンカーを付け、底まで沈めてルアーが底を這う
甲殻類を演出するといったモノ。

私達が通うポイント(残念ながら教えられない)は、水深が満潮時にフルキャスト
しても2mあるか無いかで、底には石がごろごろしているような場所。

こういった場所では根がかりが多発するわけですが、クローフィッシュは
フローティングなので、何かに掛かったと思ったら、ラインを緩めると結構
回収できる。なので、ルアーをロストするのも、釣行3回に一個程度である。

前回大型を獲り逃していたので、今度こそは!と気合充分。
まずは石積みの岸と、平行にキャストする。岸からは1mも離さない。

すると驚いたことに一投目からヒット。手応えは軽いが、釣れれば嬉しいので、
喜んでいたらバラシ…まぁ、ええ。

で、気を取り直して2投目、また掛かる。
おお?今日はどうした事や?と思いつつ、バラすことなくランディングした所、
17~8cm程度のチヌである。

小さいが嬉しい。
で、3投目にまたまたヒット。

ここ一年分のチヌ釣りのストレスを晴らすかのようである。
しかも今度はデカイ。

071020-1.jpg


掛けた瞬間からドラグを引っ張りだす、暴力的なチヌのパワー。
きっと私の顔面は、弛緩した孫を見るじじぃのような顔だったと思う。

クローフィッシュについているフックはチョロイので、オフトから販売されて
いるフックに交換してあるが、それでも頼りないのでドラグを緩めて慎重に
やり取りをし、近くにいたヒロさんにすくってもらった。

ここ一年、通いたおして、ボウズくらいまくったチヌ釣り。
キビレではあるが、私はどっちでも良いのだ。

物凄く嬉しい一匹でした。

071020-2.jpg


その後も岸沿いを打っていくが、アタリが一度あったのみで、まぁこんなもん
でしょうと思っていたら、シーバスがヒット。

サイズは30cmあるかないかでしたが、それでも嬉しい。
なんと今日は、3匹も釣ってしまったではないか。

ヒロさんは、ロッククローの2インチを3g程度のジグヘッドを使って攻めて
おり、アタリは頻繁にあるも、サッパリ載らず、最後に15cm程度のキビレを
ゲットし、フッキングするには何か工夫が必要と話していました。

そう、これも楽しいのである。
何故アタリがあるのに釣れない?

間違いなく、ここには魚が居るのに、さっき見たのに、
何故釣れない?

何故?が色々な工夫を呼び、そしてとうとう釣ることが出来る。
これだから面白くて、やめられない。

帰りの車の中も、良い歳こいたオッサン二人であーでもない、こーでもないと
色気のかけらのない、魚の話ばかり。

まー死ぬまで直らないでしょうね。


では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/10/23(火) 20:36:22|
  2. チヌ 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジやらサヨリやらガシラやらアオリやら

色々♪

日曜日、嫁と泉南の波止へ行ってきました。

釣果は写真の通りで、4目達成。

この日のメインはサヨリ釣り。
一年を通してエサ釣りするのは、今ではこの時期のサヨリ釣りだけ。
でも、サヨリは一匹だけで、ちょっとガッカリ。

サヨリ釣りのし掛けは、市販されているモノで、撒きエサを入れるカゴの下に、
フックが一本ついていて、これにアミエビをつけるだけ。

これをちょいっと投げて、ちょこちょこ手前に引っ張ってくる。
すると、通りがかったサヨリが食ってくれるというものですので、サヨリが
波止に寄っていないと話にならない。

昨年は同じ場所で5匹くらいゲットしたし、大きさも30センチくらいあって、結構
面白かったのですが、今年はサッパリ。

夕方になり、バイブレーションで太刀魚を狙うも、これまた空振り。
まだ時期がちょっと早かったのかもしれませんね。

あと2週間くらいすれば、良い感じになりそうです。

私がサヨリや太刀魚を狙っている間、嫁はあっちこっち行きつつ、墨族でアオリを一杯、
ジグヘッドで17cm程度のガシラ一匹をゲットしていました。

とっぷり日が暮れて、辺りは太刀魚を狙う電気ウキで一杯になり、ルアーを投げること
が出来ない状況になってきたので、場所移動をしようと考えていたのですが、ヤツが
全く帰ってこない。

荷物の番を私に押し付けて、全くヒドイヤツです。

どうも消化不良な釣りだったので、前回アジがたくさん釣れたポイントに移動したの
ですが、そこもエサ釣り師が陣どっていて、しょうがないので、付近をマウスリンで
探っていたら、写真のデカイほうのガシラをゲット。21cmあり、結構引きました。

そうこうするうちに、エサ釣り師が退散したので、無限に釣れるアジ釣りを楽しんで
帰宅となりました。持って帰ったのは、釣り上げた時にコンクリートの上に落とした
ヤツだけ。あとは魚に触らないようにして、リリース。

これらの魚はもちろん、美味しくいただきました♪

17センチ


土曜日は、友人のヒロさんとチヌ釣り。

土曜と祭日は、受付を午後2時とさせてもらっているので、仕事も夕方5時で終了。
6時前には、堺の海に着いていました。

満潮が7時半だったので、チャンスは1時間程度だなと話ながら、ヒロさんはマウスリン、
私は今回、レーベルのクローフィッシュを使った「テキーラリグ」でやります。

久しぶりのテキーラでしたが、アタリもワームより多い感じで、結構良いなと
思っていたのですが、いつもと同じく載らない。

するとヒロさんが一匹掛けました。
所が痛恨のバラシ。

その後、ヒロさんがシーバスのボイルを発見して、30cmくらいのセイゴをゲット。
ここで満潮を迎え、移動。

移動した場所でもテキーラリグでアタリが出る。
今日はいけるかも?などと思っていたら、写真のチヌ。

これまたなんと、17cmしかない(笑)
まー釣れれば嬉しいのですが、なんだかなぁって感じです。

それからも岸沿いを打っていくと、ガツン!と良いアタリ。
よくある「コツコツ」というようなアタリでは無い。

お?これは?
と思ったら、ドラグを鳴らし、あっというまにスプールから10m以上もラインを引っ張り
出す。これは久々の大物である。

ここは慎重にやりとりしなければと思い、ドラグを緩めてゆっくり寄せてきたら
手前で思いっきり走る。

ドラグが大鳴きした瞬間、ふっと軽くなる。

うわ~~~~~!バラしてもうた~~~!

と、いい歳したオッサンが夜中にわめくが、万事休す。
ルアーを回収すると、なんとフックごと持っていかれている。

根掛りを考慮して、リアフックもダブルフックに変えていたのだ。
なので、片方だけにフックが掛かったりすると、こういったことも起きてしまう。

次回はトリプルにしようと誓いました。

丁度私がやり取りしている頃、ヒロさんも大物を掛けており、こちらも痛恨のバラシ。
二人して何していることやら…。

でも、今回は新しくチヌ用のロッドを一本卸して、魚を掛けることが出来たので
ま、良しとしましょう。


次回は必ずリベンジしたいですね。
ま、大抵返り討ちにあいますが。


では
  1. 2007/10/16(火) 13:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お客様からの釣果報告!

67センチ

横浜市在住のお客様から釣果報告が届きました!

近くの海では毎朝マズメ時にボイルが起こるそうで、朝4時に起床して
出勤前の少しの時間にロッドを振っておられるそうです。

それでは記事をどうぞ!

-----------------------------------------------------------------

まず結果から・・・
(4ヒット、2バラシ、2キャッチ、バイト10以上)

ルアー:最大魚67cm→メガバスドップラー21gピンクイワシ
30cm→メガバスG-DOG-X(SW、イワシカラー)
バラシ→ワンダ80イワシ、アスリートミノー90F
ライン:ファイアライン25ポンド+リーダー(ナイロン20ポンド)

前日からボイルがあったので、今日も行ってみましたが、ついに釣れました。
朝、まだ暗いうちにポイントに入ると、既にシーバスと思われる魚が、小魚を追って
ジャバジャバやっていました。

すかさずアスリートミノーを投げると、すぐに当たりましたが、乗らない。
バイブレーションも乗らない。そこで、G-DOG-Xの表層高速タダ引きをすると、
今度は乗りました。30cm程度の小物でした。

このボイルのメインのようです。その後もミノーで当たるも乗らないので、
シンキングペンシル(ワンダ80イワシ)に替えると、一発で来ました。
タダ引きでした。これは50クラスで、よく引いたのですが、もう少しで
ネットインというところでバレてしまいました。残念。

続けてまたワンダで40クラスがヒットするもバレ。その後も当たるも乗らない・・・


気分を変えてテトラの逆サイドを攻めてみる。
ボイルは少ないが、まあまあサイズが跳ねていたので、魚は居る模様。

今度は水深も考慮し、スピンテールジグをキャスト。
1投目で当たりました。

2投目、桟橋の近くにキャストし、少し沈めて(1~2m)からリトリーブすると、
グンッとHIT!これは重い。

なんとか寄せてくるが、魚体が見えてから抵抗し、ドラグを出されてはポンピングで
間合いを詰める繰り返し。
何分かかかったと思います。ちょっと弱ってきたところですくい、GET。

67cm。このサイズでもこのヒキとは恐れ入りました。

ということで、結果からみると良かったのですが、なかなか乗らないので、
またまた?ですが、ひとつは、ワンダやスピンテールジグだと、しっかり
フッキングするということ。

表層のは、やはりトップの出方で乗りにくいのでしょうか?
アスリートミノーも良さそうなのですが、今のところは、ワンダなどが合って
いるようです。実際、表層の魚は釣れても大きくなく、少し下の魚のほうが
型がよい感じでした。

今日は飲み会なのですが、明日も行っちゃうかもしれません(笑)

----------------------------------------------------------------

ここの所、何日か通っておられたようですが、とうとう魚をゲット。
どうやらルアーの差が出たようですね。

明日も出勤前にご出勤しそうな勢いですが、無理しない程度に楽しんで
くださいね。

横浜市のTさん、ありがとうございました!


では

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/10/12(金) 19:04:21|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堺の海でアコウ獲ったど~~~!

なんとアコウ!

いやホント、びっくりしました。

しかも31センチ。
かなりデカく感じました。

めっちゃキレイ


いつものように、工場の間にあるホンの少しのスポットで、チヌを狙うべく
友人のヒロさんと出撃。

この日は魚の活性が高いようで、アタリは無数にある。
でも、二人ともチヌはサッパリダメ。

石積み護岸の周りを、ジグヘッドやマウスリンなどを使って底を叩くようにしながら
探るわけですが、おそらく以前釣った15cmあるかどうかの子キビレがワームを
つついているのでしょう。

どうも載るようなアタリが無いなと思いつつ、底を叩いていたらなんとなくラインが
動いたような気がしたので、少しロッドに聞いてみると、魚の重さのような感じがする。

ここはもう、すかさずフッキングである。
こういうのは経験を積まないと解らない。

ずしっとした手ごたえに、久々にチヌが来た!
っと喜んでいたら、手前の石の間に入られ、万事休すと思い半分諦めつつ、ラインを緩めた所
魚が動き出し、うまい具合にラインが切れずに取り込みに成功。

真っ暗なので、最初何か解らなかったのですが、どうもチヌっぽくない。
ライトを当ててビックリ、なんとアコウではないですか。

まぼろしの高級魚とまで言われる魚が、大阪湾の湾奥の汚れた海に居たのですよ。
ま~ホントに驚きました。

シーバス50cm


それから場所を移動して、ヒロさんがシーバスをゲット。
大きさは50cmくらいあり、結構引いていました。

マウスリン


この日ゲットした2匹の魚は、どちらもダミキ マウスリンで釣りました。
アコウのような根魚は解りますが、このラバージグのようなシルエットに
クロー系のワームを付けてシーバスが釣れるのには驚きです。

私も以前これでシーバス釣ってますし、どうやらなんでも釣れるようですね。

二人でたった2匹の釣果ですが、そんなのは堺では当たり前。
ボウズ上等の釣りなので、二人して結構納得です。

まぁホント、アコウには驚きました。


では
  1. 2007/10/08(月) 18:24:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

シーバスがぼちぼち良くなっているような

84cm!

神奈川県のお客様より釣果報告を頂きました!

まだビギナーのようですが、こういうのがあるから釣りにハマるのですよ。
良いサイズでうらやましいです。

それでは記事をどうぞ!
----------------------------------------------------------------

8月にレンジバイブで84cm(ぶら下げ計測)を獲りました。

本格的にシーバスを始めて間もないのに、こんなのが来ちゃって慌てましたが、
なんとか獲り込みました。

また釣れるかと思って通っていますが、その後はなかなか来ません。

簡単ではないですね。

-----------------------------------------------------------------

そうなんですよ、これが。
釣れる時はかんたんに釣れるのですが、釣れないとなると、ひたすら
釣れません。

でも、ビギナーのうちにこういったサイズを釣ると、慌ててしまって
バラシやラインブレイクで取り逃がすことが多いのですが、立派なモノです。

あと、よくあるのがフックを伸ばされてしまうこと。
ドラグをあまり強くしめていると、フックがのされてしまいますので、要注意。

カルティバの場合、商品の表記を見ると、「ST36BC」といった表記ですが、
前の「ST」はスティンガートリプルの略、「3」は軸の太さ、「6」は鈎先のタイプ
を表しています。BCはフックカラーがブラックで、RDとなっていればレッドです。

通常の製品では大抵36が入っているので、デカイ魚が多発する場所では46か、41に
変更されるほうが良いです。

神奈川県のTさん、次回報告をお待ちしております。
ありがとうございました。

40cmは無いな


↑こいつは土曜に、友人のヒロさんと行った時にゲットしたヤツです。
上の写真に比べて貧相なサイズですが、「久しぶりにシーバス見に行きますか?」
的なノリでの釣行で、ちゃっかり釣れたのは嬉しかった。

サイズは40cmも無いくらいですが、よく引いて楽しませてくれました。

ルアーはビーフリーズ78S、問屋カラーです。
その後もアタリはあるものの、魚が小さいのかサッパリ乗らない。

雨が本降りになってきたことから、釣行1時間程で切り上げました。
猛暑が続いていましたが、良い季節になってきましたね。

これから11月一杯くらいが、最も釣り易い季節です。
みなさん、ぜひ釣りに行きましょう!


今晩もちょっとだけ竿だしてきます。


では
  1. 2007/10/02(火) 17:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3