釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

ボウズ覚悟と思ったら♪

50cmは無いな


明日も天候が悪かったりすると、また釣りに行けなくなるので、ちょっと
気になっていたポイントの様子を見に行くことに。

もちろん行った以上竿は出します。当然。

気になっていたのは昨年11月に2週間くらいの間、シーバスよく釣れた
どシャローポイント。

ポイントに着くと南風が暖かく、寒さを全く感じないが、困ったことに爆風。

やれやれと思いつつも、とりあえず投げて巻く。
まずは表層直下を行く、チューンドK-TENをチョイスするが、反応無し。

表層は爆風のせいでかなり波立っていたので、これでは厳しい様子。
そこでビーフリーズに変えてみる。

この場所、水深が満潮時で1.5mあるか無いかの常態が、フルキャストした
地点よりもまだ沖側に続く。なので、レンジが非常に大事になってくる。

ビーフリーズを数投した所、ピックアップ寸前にシーバスが飛びついた。
正直、坊主覚悟の釣行だったので、期待はしていましたが、非常にドキドキ
させてもらった。

そこで、「これはビーフリではまだ深いな」ってことで、アスリートの
フローティングに変えてみる。その数投後に巻いている手が止まる。

「よっしゃ!」とフッキングをするとその場でエラ洗い。
もう興奮の極み。嬉しくてドキドキする。

よく考えてみると、この一匹が今年初のシーバスなのですよ。

寄せてみると、50cmを少し切る位ですが、よく引き楽しませてくれました。

そういえば今年初

今日はおニューの玉網を卸したので、ちょっと紹介。

これまで釣具屋をやる前に、量販店で買った柄がついて3000円くらいのヤツ
を長く使っていて、その後フィッシングショーの福引で3等賞にあたった、
柄付で3000円くらいの物を使っていたのですが、先日釣り場にうっかり忘れ
てきたので、初めてまともなセットを卸しました。

今年昌栄からリリースされた「TOOL ランディングフレーム」と替え網。
めちゃ軽いし、非常におしゃれである。写真はMサイズですが、80cm位まで
は十分使えそうです。

柄のほうは「いか楽 EGY-TEC」。
これが中々良い。

4.1mタイプですが、伸ばしきっても全くダレない。
非常に張りがあり、使いやすかったのですが、何せ塗装が粗い…。

デザインも良く、性能も良いのに塗装がどうもいけない。
もちろん、うちのショップで売っているのですが、スタッフのコメントに
「塗装が粗い」と書いてあるものですから、サッパリ売れない。

ま、正直に書かないといけませんよね。

ボウズ上等で、「ちょっと見に行く」位の気持ちで行った釣行だったのに
魚の顔を見れてホントに良かった。

あと一匹30センチ位のと合わせて2匹だけでしたが、なんとも嬉しい
釣行でした。


では。
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/31(土) 21:09:52|
  2. シーバス 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここの所週末になると…

今日は釣りに行ってやる!!!

っと思ってやほぉの天気予想を見たら

南風11m ときたもんだ。


南風ならほとんど風裏になるが、でも11m はいかんやろ。

これではサッパリ釣りになりませぬ。

困ったもんだ。

明日は、今の予想ではなんとか釣りになりそうではあるが、今夜半からの
雨が朝まで続く模様で、11mの爆風と合わせて多分どちゃ濁りになりそう。

しかしここの所、天気のタイミングが悪い。

なんとか明日こそ釣りに行けるように祈っておきましょう。


では。
  1. 2007/03/31(土) 12:39:35|
  2. 日々雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボウズは逃れたものの…

ちいせぇ

メバル狙いで行ったのに、カサゴ一匹。

どうもいけない。

21日大阪湾は、大潮の後の中潮。
ここの所の寒波で、少し水温が下がっていたとは思いますが、元々低水温に
強いメバル。そこが冬のルアーフィッシングのターゲットとして、重宝されて
いるわけで12~2月の間、他の魚が全く釣れない時期によく釣れる。

しかも、元々この魚は別名「春告魚」とも呼ばれ3月頃、春が近づくとよく
釣れることからこの別名がある位。なのにこの日はサッパリダメ。

ここ3週間、ひたすら仕事をしてきたわたくし、喜び勇んでフィールドに行った
のに、どうよ?この仕打ちは?

岬町とはかなり仲良くなったつもりでしたが、まだまだ修行が足りない
ようですね。

あまりにメバルが渋いので、タックルをカサゴに切り替えたわけですが、
ダウンショットでちくちく粘るも、写真のガシラ一匹。15cm未満だった
ものですから、持ち帰りもなし。

ガシラって魚は驚いたことに、このサイズでも産卵に参加しているのですね。
お腹がパンパンです。ってことは、15cmに満たないサイズでも、立派な成魚
ということなのでしょう。そういえば20cmに育つのに7年かかると聞いた事
があります。(環境によって随分違うそうです)

ワームは当店の激安コーナーにあるドラゴンフライ。
これがまたよく釣れる。

5本入りで450円と、定価設定が高かったことなどから、問屋の売り出しで
安く出ていたわけですが、ホントによく釣れます。ハンドポワードなる製法
のワームを使ってみれば解りますが、ようかんのようにプルプルと動いて、
ホントに生き物のようです。

まー、遠いとこまで耐寒修行に行ったわけですが、
でも、ホントに楽しかった。

もちろん、負け惜しみではありませぬ。

では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/22(木) 20:53:12|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2週間も釣りに行ってない…

ここ3週間、全く釣りに行っていない。

3週間前の土曜日に行ったきり…。

日曜日が定休日なので、土曜の夜か日曜にしか釣りに行けないわけですが、
ここ2週間週末のたびに寒波襲来。

平地で3~7mといった風が吹いた日には、海では7~10数メートル。
しかも、大阪湾では冬場北西の風。これでは釣りにならん。

毎日引きこもってパソコンの前に14時間位いると、時々波の音が聞えて
きたりして、「い…いかん幻聴が!」などと我に返る今日この頃。

しか~し!

うちは大阪でも田舎なので、日・祝は運送屋の集荷が早いのだ。
なので、明日は早仕舞いして、絶対釣りにいってやる。

大潮のあとの中潮、気温は朝寒く、最高気温も高くはないが、夜にかけ
てあまり下がらない予報。

しかも風は南東である。

ふはははははは。

全て風裏♪

いや…待て。

これまで、このヤッホーの予報に何度騙されたことか。

予報を信じて、海まで往復3時間の道のりをひた走り、ポイントに着くと
海面には白波が飛び回り「うさぎが跳ねているみたいでキレイ♪」
などと言った嫁を何度張り倒したことか…。

が!

どうやら寒気はピークを過ぎており、週末には気温が18度といった予報
が出ている。

きっと大丈夫。

明日は釣りにいくぞ!


では

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/20(火) 20:28:02|
  2. 日々雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様からの釣果ほうこ~~~~~~~~く!

83cm_2

九州のNS様より釣果報告が届きました!

ここ数日は調子が良かったそうですが、また寒波がやってきて一気に水温が
低下し、どうなることやらと思いつつも出撃したそうです。

寒さに凍える中の貴重な一本。
それでは記事をどうぞ!

------------------------------------------------------------

3月16日の釣行記を送ります。

今日は午後9時に現地到着、無風だが、気温は相変わらず低く、車から降りた
だけでゾクッとくる外気の冷たさ。気温はこの時点で7度。

「今日は厳しい戦いになるぞ」そう友人と話して、ウェーダーを着込み、9時
半にエントリー。早速水温計測、水温は9.9度、一ケタ水温。

「釣れるかいな?」心の中でつぶやきながら、流心に向かって歩を進める。
今日は中潮の初日で、潮の動きは小さめだが、それでも有明海の潮位変化は
全国レベルでもぶっちぎり。

今日でも380cmから30cmまで一気に3.5m下げる潮である。
下げ3分に入った川の、しかも前日の雨で多少増水している川の流れは、
なかなかである。

目測で秒速3mくらいだろうか?腰まで立ちこむと水の勢いでふらついてしまう。
流心まで50m付近に陣取り、回遊のターゲットを狙うことにした。

私は馬鹿の一つ覚えのチューンドK-TEN130フォース、友人はアロウズのレア
フォースをまずチョイスしてキャスト開始。

流心の向こう側に着水するようにキャストし、ルアーが流心に入ったら、リト
リーブスピードを極端に落として扇形にルアーを流し、流心を抜けるまで細心
の注意をはらう。

この春先のシーバスのバイトはとにかく小さい。
ボラなどのベイトが、ラインやルアーに「コツ」っと当たっていったかのよう
な小さな反応が多い。

友人はたびたびルアーチェンジをして探っているようである。
カチャカチャとケースからルアーを出す音が聞こえる。

今日はそれくらい静かである。無風で真っ暗闇。
ベイトっ気はまったくなし。

私はルアーチェンジをすることもなく、1時間がたとうとしていた。
そのとき、「コツ」っときた!小さなベイトのすれあたりのような。
でもテンションのかかり方で、それが本物とわかる。

今日くらい、このタックルじゃないとわからないバイトは珍しい、それくらい
かすかな反応だった。

が、ビシっとフッキングした瞬間、静寂は破られた。
「ダダダダダーーーーーーーーーーン!!」
「大きいんじゃないですか?」友人が声をかけてきた。
「んーん、ちょっと軽いね。」
とは言ったものの、激流に乗って下る下る。そしてまた「ダダダダーーーン!!」
ST-66じゃないと寄らないな。
ファイトは弱まったが、流れに乗ったシーバスを寄せるのはしんどい。

2,3分のファイトだったろうか?オーシャングリップを伸ばし、一発で
リッピング成功!

後で計ったら83cmだった。でもアフターという感じでかなりやせ気味。
「ふー、とりあえず一本取れて良かった。価値ある一本だなぁ・・・」
そんなことを考えながらリリース。

83cm!


友人も俄然やる気が出たようだが、いかんせん、シーバスにはやる気がなさ
そうで、その後二人とも2時間ノーバイト。

両手両足の指のあまりもの冷たさにゲームセットとした。
帰り際に水温、気温を計ったら水温8.5℃、気温5℃まで下がっていた。

「魚の顔が見れて良かったですよ」友人が言ったように、本当に見れて良かった。
そんなタフコンデションのゲームだった。

タックルはいつもの
ロッド ダイワ モアザンブランジーノ95ML
リール ダイワ イグジスト3000
ルアー タックルハウスチューンドK-TEN130フォースアカキン

です。
海水が下げきって、阿蘇の雪解け水が流れてくると一気に水温が下がりますね。

明日も厳しそうですね。
明日はメバリングでも行ってきます!
それでは、また。

--------------------------------------------------------------

いつも写真と釣果情報ありがとうございます。

魚のバイトとラインにベイトがあたったような感じというのは、ホントによく
似ていて、解りにくいものです。

長くやっていると、ベイトとは違う微妙な「違和感」が伝わります。
これを逃さないためには、数を釣るしか方法はありません。

経験でしか見えないことが、釣りをしているとたくさんあります。
こういったバイトで魚を捕った時はもう、格別ですよね。

良い釣りをされ、サイズも80アップ。

うらやましい…

では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/17(土) 19:43:38|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様からの釣果ほうこ~~~~~~~~く!

70cm!

九州熊本のS.N様よりシーバスの釣果情報が届きました!

水温が安定しないせいか、釣果も今一つ安定しないそうです。
それでもこんな立派な魚を仕留めるとやめられませんよね。

それでは記事をどうぞ!
------------------------------------------------------------
今日は小潮、ゆったりとした下げ潮時に、通いなれた一級河川にウェーデリング。
水温は12.7度。先日の寒波襲来のときは6.5度まで下がった水温が徐々に
上向いてきました。
ベイトもちらほらいるようで、時々ボラらしいジャンプも聞こえます。

今日は18時、日没前からエントリー。すでに下げ6分くらいでしょうか?
川の流れは非常に緩やか。
先日なくしたTKF130フォースの代わりにデビューしたTKF130アカキン、
がんばってください。

キャスト開始から1時間、コツっときました。
が、小さい。バシャバシャ暴れますが重量感がありません。
難なくランディング、目測で65cmくらい。

干潟に上げて一応記念写真。
頭の向きがどうしても左向きにならず、仕方なく右向きでパシャリ。
元気に泳いでいきました。
5年後にまた帰ってきてほしいものです。

それから30分、再びヒット!今度もあまり大きくないです。エラ洗いも
心なしかも控えめ。ランディングしましたが70cmほど。
そのまま水中で写真撮影でリリース。

65cm!


今日は北西風がやたら冷たい。
手がかじかんできましたし、完全に潮が引いたので21時半でゲームセット。

サイズアップは難しいです。

今日のタックルは
ロッド ダイワ モアザンブランジーノ95ML
リール ダイワ イグジスト3000
ルアー タックルハウスチューンドK-TEN130フォースアカキン

でした。

読んでわくわくさせられるような大物をキャッチしたいですね。

-------------------------------------------------------------

なんだか今日の写真は特にいい感じで映ってますね。
いつも良い写真と記事ありがとうございます。

今日は近所にお住まいのお客様が、商品をとりに来てくれました。
ネットショップをオープンして、かれこれ2年になりますが、記念すべき
初めて取りにきてくれたお客様で、今回が2度目。

彼はシーバスがメインのようで、私とフィールドが被っていることから
話に花が咲きましたが、現在の大阪湾はちょっと厳しいようです。

昨年のこの時期にゴッツイのを一本とったそうですが、今年はまだパッと
しないとのことです。

立ちこみされる方は充分気をつけて下さいね。

流れに流されたりして、体張って笑いをとるのも非常に危険。
流れだけでなく、エイなんかにやられた日には、仕事もできなくなります。

あと冷えですね。
5月くらいまで水温はまだまだ低いので、ぜひネオプレン素材のウェーダー
を着用することをお勧めします。

快適な釣りを楽しみましょう♪

では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/16(金) 21:44:32|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客さまからの釣果報告!

9.3キロ!


広島県のお客様から釣果報告が届きました!

去年の秋に釣られたそうですが、なんと93センチ、9.2キロのブリ!
この日はなんと7本釣ったそうです。

これからこの方の住む地域では、シーバスが入れ食い状態になるそうです。

うらやましい…。

広島県のM.N様、写真ありがとうございました!

また釣果送ってくださいね。

では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/14(水) 16:04:24|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先週の釣果

3匹でした

先週土曜にわたくしも釣りに行ってたのですが、更新する間もなく今頃
の報告です。

この日、冬の大阪湾には珍しく南風。
とは言っても3月に入っているので、これからどんどん南風が吹く日が
増えてくるのでしょうね。

大阪湾は冬場、海沿いでは3~5mの北西の風が吹くので、1g程度の
ジグヘッドがメインとなるメバル釣りにはちょっと厳しい。

でも、日曜の天気は雨だったし、こうなるとじっとしてはいられない。
同行してくれる者も居ないのに、仕事を夕方6時ごろで切り上げ、一人で
往復3時間かかる海に向かう。

到着すると、まさにベタ凪。
よくいう「メバル凪」状態で、風も暖かく全く寒さを感じない。

「これは…爆釣間違いなし!」
っと思い込むも、写真の3匹だけ…。

ま、こんなモンですね、はい。

状況はどう考えても良い。
ベタ凪、高気温、低気圧の接近と三拍子揃っています。

そこで、ここのブログでお馴染み、能登のE・M氏の影響を受け
ブルースコードC60をリグる。

私も思い当たるポイントがいくつかあったので、ジグヘッドでは考えられ
ない、沖のブレイクめがけてキャスト!

ところがどっこい…
フルキャストして、軽く30m以上飛んだはずなのに糸ふけをとっている間
にルアーが底に着いてしまう。

あれ???
以外に浅かった…。

そこで場所を移動して、同じことを繰り返す。
するとそのポイントはどうやら思っていた通りのようである。

ところがバイト無し…。
多分タイミングの問題だと思いますが、メバルはその時浮いていなかった
のでしょう。またタイミングを変えてリベンジしてみます。

で、防波堤に移動して、わずかにあるテトラ際にジグヘッドをキャストした
所、写真上の24cmが釣れました。オカッパリでは過去最高。

その後、近辺をジグヘッドでチクチクやると、写真下の15cmクラスが2匹。
これ以上粘ってもダメかと思い、移動しましたが、移動先ではことごとく
ノーバイト。

う~ん、爆釣のはずが、しょぼい釣果となってしまいました。

薄造り

24cmのメバルはこのように薄造りとなって頂きました。
めっちゃ美味い♪

煮付け

小さいほうは煮付けました。
普段なら、リリースするサイズですが、口の奥にフックがかかっていたので
両方とも持って帰って帰ることに。

小さいのは食べるのがすげぇ面倒でしたが、美味しかったです。
晩酌の折に、こういったアテがあるのは、釣り人ならではの贅沢ですよね。

今日も出撃予定。(風向きが変わらなければ)

楽しみだ^^

では
  1. 2007/03/10(土) 13:43:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

尺メバル!

31.5!

いつも投稿して頂いている、能登のE・I 様がとうとう尺越え達成!

おめでとうございます!

ルアーはもちろん「ブルースコードC60」
それでは記事をどうぞ!
----------------------------------------------------------------
ブルースコード、昨夜は大活躍でした。
前回、能登外浦でデカいメバルが釣れたことホーコクしましたが
昨夜も行ってきました。

また海が静かになり、月も丸くなってきたので。
そのポイントは普段は真っ暗なのですが、満月の明りがあればいい
だろうなぁと思ったのです。

思った通り、月の明りはほんのりと海面を照らし出して、いい感じでした。
ブルースコードはよく飛ぶのでこれまで考えもしなかった方向へキャスト
してみました。

その方向は足元に磯があり、その向うの海面を狙ってみたのです。
餌釣りの人たちや軽いソフトルアーでやる人たちはその方向では、まず
やりません。小生もジグヘッドなら考えませんが、ブルースコードだった
らうまくいくかも知れないと思ったのです。

ただ、ルアーを引き寄せてきて足元で磯にルアーをかけないように気を
使いますが。その点、9.3フィートのロッドを使っているのであまり苦に
なり ません。

おそらく、あまり人の釣ったことのないポイントだと思います。
案の定釣れました。それもデカい。

入れ食いではありませんが、3匹続けて釣れると少し間があき、暫く
す るとまた3匹という風に間断的な入れ食いといった感じでした。

31!


で、尺メバルが釣れました。それも2匹。
31.5センチと31センチ。

引きは強くドラグが鳴りました。
引く途中、ラインよ切れるなと祈りました。

でも、でかける前にいつか更井さんから送ってもらった
デュエルのオーシャンマスターの5ポンドに替えたので
切れることなく丁度グッドタイミングでした。

ランカーたち


その他にも29センチ、28.5センチ、27センチ、など
20匹釣れました。

これまでにない、デカいやつが釣れたことは勿論のこと
能登外浦にも越前のようなでかいやつが屯するところがあるんだと
感得 できそれが嬉しかった。

自慢ホーコクでした。

-----------------------------------------------------------------

ドラグを鳴らす尺メバル…うらやましい。

いつも記事ありがとうございます。
ちなみに、能登まで行けば誰でも釣れると思ったら大間違い。

まず釣り人ならではの「嗅覚」が必要です。
「ここは釣れるはず!」といったイメージが沸く位、一つの魚を追わ
なければ、何処でどうやったら釣れるか全く解るものではありません。

次にメバルタックルと言えば、1~2g程度のウルトラライトリグが全盛
の今、6センチもあるハードルアーに目を向けています。

このブルースコードの飛距離が、釣りの幅を広げて好釣果をもたらして
くれるわけですが、中々思ってはいても出来ないものです。

私も偉そうなことは言えませんが、それなりに嗅覚はあるほうでしょう。
しかし、6センチのブルースコードには頭が行きませんでした。

記事にもある通り、磯の沖にあるブレイク、一気に深くなっている斜面
に普段メバルが着いていて、満月の灯りに惹かれ水面付近にエサを捕り
にくるのでしょう。

そう考えれば、色々なポイントが見えてきますね。

みなさんもご自身のフィールドと重ねてイメージしてみて下さい。

ドラグを鳴らす尺メバルに出会えるかもしれませんね。

では。

PS 一番上の写真では32cmに見えますが、奥さんが計ったところ
   31.5cmしかないと言い切られたそうです(笑)

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/07(水) 15:53:20|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々のシーバス情報!

70-75

久々に九州は熊本のNS様より釣果報告が届きました!

いや~すっかり根魚づいていたこのブログに久しぶりのシーバス登場です。
それでは記事をどうぞ!
------------------------------------------------------------
今日は18時40分満潮の若潮、その最満潮からウェーディング。
場所は有明海に注ぐ一級河川。

有明海の潟のにおいが懐かしいです。
昨年、さんざんにこき使い倒した、タックルハウスのチューンドK-TEN130
フォースのレッドヘッドボロボロをチョイスし、流れのど真ん中にめがけて
キャースト!

久しぶりに使ったステラもいい感じの滑らかさです。
ルアーを投げられる喜びをかみ締めながら、30分ほどキャストしたとき、今年
一本目がヒーーーーーット!

ダダダダーン!となかなかいい感じのエラ洗いです。
これが、シーバスだなぁ・・・久しぶりの感触を楽しみながらしばしのファイト
を楽しんだ後、壊れかけのオーシャングリップでキャッチ!
70cmジャストです。

今日は友人がお持ち帰りということでキープです。

まだ、リバーシーバス序盤戦ということで、数はあまり入っていないようで、
それから1時間はノーバイト。ベイトの気配もまったくない静かな川面です。

が、その静寂が破られました。
ルアーをおろしたてのタックルハウスのチューンドK-TENリップルポッパーに
換えてほどなくのことでした。

ボフッッッ!っと水面炸裂!ガッツリのりました!
ダダダダーーーン、ダダダダーーーンと数回のエラ洗い、先ほどよりサイズ
アップできそうです。

またまた壊れかけのオーシャングリップの出番です。
さすがに壊れかけだけあって、ぐらぐらで今にも抜けそうです。
が、クリップ部分はまだ大丈夫、しっかりキャッチです。
75cm。コンディションのよい魚体です。

この時点でこのポイントの潮は下げきってしまったようで、流れは川の自然
な流れになってしまい、今日はゲームセット。

先週は別の河川で友人が90ジャストをあげました。
熊本のリバーシーバスはどうやら今年も開幕したようです。

ランカーハンティング2007の開幕です。

今回のタックルです。
ロッド ダイワ モアザン ブランジーノ95ML
リール シマノ 04ステラC3000
ルアー タックルハウス チューンドK-TEN130フォース
チューンドK-TENリップルポッパー
--------------------------------------------------------------

相変わらずの素晴らしい釣果ですね。

この方、ここ3ヶ月ほど仕事がめちゃくちゃ忙しかったようで、全く釣りに
いけなかったらしく、記事にも釣りに行ける喜びがひしひしと伝わりますね。

釣果情報を先週貰っていたのに、掲載が遅くなってすいません。
息子が抜けて一人で運営しており、しかも個人事業主にとって困った時期、
「確定申告」が重なっていて、日々へろへろです。

ここのブログを忘れずに投稿してくださって、ありがとうございます。

また良い釣果が出たら、ぜひ投稿して下さいね。

次回は「尺メバル」です!

乞うご期待。


では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/06(火) 10:23:41|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様からの釣果ほうこ~~~く!

キス釣れてます

お客様から釣果報告を頂きました!

当店は仕掛け類も販売しておりますので、えさ釣りの方からの釣果報告です。

キスと言えば、夏の魚でサーフで釣るといったイメージがありますが
今時分でも釣れるのですね。

でも…デカくてすごい美味しそう♪

I様、釣果写真ありがとうございました!

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/03/05(月) 10:26:19|
  2. 波止釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブルースコードは素晴らしい!2

28cm!


いつも投稿して下さっている、能登のお客様より釣果情報が届きました!

今回もアッパレな釣果です。
それでは記事をどうぞ!

----------------------------------------------------------------

昨夜久しぶりに凪だったので行ってきました。
このところ能登外浦でデカメバルがとんと釣れなかったのですが
昨夜はやっと釣ることが出来ました。

以前から気になっている深いポイントです。
いつもは周囲が凪でもそこだけは波が立ってサラシがでているという
不思議な場所でこれまで数回足を運びましたが、波で釣りになりません
でした。
つぶぞろい


でも、なにか釣れそうな、大物が出そうな、そんな妖しい豊かな雰囲気
はありました。それが、昨夜は全くの凪でした。期待に胸膨らみ、はじめからブルースコードを投げてみると一投目、掛かりました。26センチ。

その後も入れ食いとはいきませんが釣れるとサイズが揃っていました。

結局、3匹バラし、5匹釣り上げました。(バラシたやつも重さから同じくらいだと思います。)28センチ、26センチ2匹、25センチ2匹でした。

つぶぞろい2


ソフトルアーも使ってみましたが全く反応はありませんでした。
1時間くらいのアタリでしたが、サイズが揃っていたのと能登外浦にも
デカメバルは潜んでいるということを実感できたのが嬉しかった。

小さいのは爆ったわけですから、必ず何処かにでかいやつはいる。
タイミングさえ合えば釣れるわけです。

とにかく、ブルースコードは素晴らしい!!
越前の師匠も小生がひとつ進呈したのですが、
その威力に驚き、行きつけの店でどっさり注文したそうです。
まあ、先日の話の続きのホーコクでした。

--------------------------------------------------------------

釣をしていて、「ここは釣れそう」と思うような場所というのは、
それまでの経験から、何か感じるモノがあるのでしょうね。

タイミングを計って入り直すことも大事なことでしょう。

いつも良い記事と写真ありがとうございます。

私も参考にしてみたいと思います。

では。
  1. 2007/03/01(木) 20:39:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2