釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

チーム出合い頭のメバル釣り大会に参加してきました

凄いでしょ、コレ。

メバルのジャパンレコードを保持されている方が主催する大会に、友人の
ノールーツ店長 村上君の誘いで参加してきました。

これがジャパンレコード!


↓これが認定書

認定書


大会は午後11時スタートで翌朝6時帰着、場所はどこでもOK。
もちろんボート等の利用は無しの、オカッパリ大会。

私と嫁の二人で参加してきました。
もちろん二人とも良いトコ見せてやろうと張り切っていたのですが、結果は
なんと15cmのメバル一匹…。

やっと一匹

いつもの岬町界隈をランガンで探るも、一日中吹き荒れた強風のせいか、
どこにいってもドチャ濁り…。

何やってもダメなため、この濁りならひょっとしてジグみたいな目立つ
モノが良いかも?と思い、入荷したばかりのHAORIジグ3gをキャスト
し、底まで着いた頃に一回ロッドを大きくアオって、そのままカーブフォール。

するとコツンっとした感じがあったので、「お、底についたかな?」と思った
のですが、しかし、結構な距離を投げた割にはエライ明快な感じでロッドに
伝わったので、ひょっとしてと思い合わせてみると、これが魚。

よっしゃ!ちなみにジグでメバル釣ったの初めてだったので、結構嬉しい。
で、期待しつつ寄せてくるも、どう考えても小さい…。

上がってきたのはキープサイズギリギリの15cm。
でも、ボウズを逃れたので良しとしときましょう。

その後全くなんの反応も無くなり、帰着時間ギリギリまで粘るもダメ。

戻ってみるともうみんな集まっていましが、やはり厳しかったようで、魚を
持ち帰った人は半分くらいではなかったかと思います。

それでも優勝者は20cm前後を3匹揃えて、数も結構釣っておられました。
風や流れが強かったらしく、巻くとダメ。キャストしてからそのままほうって
おき、流れにワームをドリフトさせつつ岸近くまできた所で巻き始めると
アタリがあったとのことでした。

大阪は一昨日から急な冷え込みと、冬型の気圧配置で、もの凄く寒く風が
強く、いつもの釣りではどうにもならなかったわけですが、状況を見極めた
方が優勝していますね。お見事です。

みんなで^^

最初に配られた、ゴミ収集の袋に拾ったゴミを集め、みんなで記念撮影。


まー結果はさんざんでしたが、結構楽しめました。

主催者の方、集まったみなさん、お疲れ様でした!

↓↓↓チーム出合い頭のHPはここ↓↓↓
http://www.milmil.cc/user/naka3286/


では。
スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/25(日) 20:56:14|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

釣りかたも色々

能登のお客様から釣果報告が届きました。

今回はいつもと違った釣り方で釣られたようですので、参考になれば
いいですね。

-------------------------------------------------------------

久しぶりに海が凪いだので海に出かけました。
メバル釣りは満月新月に限ると思っていますが
つい、我慢できずに出かけた次第です。

電話で話した通り、このところ輪島の海は時化が続き、凪いだ時を
狙って時折出かけますがメバルがサッパリ釣れません。

だから、おそらく釣れないだろうと、でも、いないはずはない、ひょっ
として・・・なんて思いながら出かけるわけです。

場所は輪島近郊の小さな漁港。突堤の先の明かりが、浅く(1,5メートル)
広がる磯をぼんやり照らしています。

一月はいい型が爆釣したのですが、その後サッパリのポイントです。
メバルが釣れる方向は決まっていて先ずはその方向へキャスト。
ここは飛ばしウキが有効で小生はメバトロのスローシンキングを使います。

でもやはりアタリはありません。

で、いつもは釣れない方向へフルキャスト。
深いところを狙って、極めてゆっくり引いていると当ってきました。
爆釣ムードではない時は底を狙うのが有効ですね。

飛ばしウキを使って、広く底を狙う、その感じでやりました。
20センチ前後のメバルを10匹(最大23センチ)、ソイを2匹。

大した釣果ではありませんが、満月新月ではないこの日、
渋く狙う、というのもなかなか面白いものです。

ともあれ、釣れないことはないのだ、ということ感得できて
なんだか嬉しいわけです。

-----------------------------------------------------------------

「ひょっとして…」と思いながら、つい出かけてしまう気持ちはよ~く
解ります。「まぁ…釣れなくても」などと言いながら、内心「今日は釣れそう!」
などと私の場合思っており、ついつい行ってしまいます。

一時爆釣しても、そこから当分釣れないことはよくあるのですが、
どう考えても居ないはずは無いですね。もちろん大きな群れが移動
してしまったからなのでしょうが、魚の習性に応じて魚の居付きやすい
場所であるなら、全て居なくなるとは考えにくいですよね。

今回の記事にもあるように、よく釣れた場所では色々な釣り方を
試してみるべきなのでしょう。

私はいつも貧果ですが、色々と試しています。

そういった工夫も楽しいもんですよ♪

では
  1. 2007/02/21(水) 21:20:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハードルアーでメバル、とったど~~~!

ハードルアーでも釣れた

11日の日曜、友人のヒロさんといつもの岬町に釣行。

いつものようにジグヘッドから開始するも、結構な風に四苦八苦しつつ
風裏に移動。そこは小さな川の河口部にあたり、風をさえぎってくれる
わけですが、釣れるサイズは小さい。

そこに移動してすぐ、ヒロさんから電話。
「ちっこいけどハードルアーで釣れたよ~」とのこと。

見にいくと、なんと15センチ程度のメバルがルアーにぶら下がっており
5cmくらいのミノーにこんなヤツが…と驚きつつも、私はジグヘッドで
2匹ほど釣って、ここは一つハードルアーで釣ろうと思い、私もシラス
ミノーにチェンジ。

すると私もすぐに釣れたわけですが、驚いたことに釣るたびにどんどん
小さくなり、しまいにはコレ↓
さらにもう一匹


なんと8cm!しっかり前のフックにかかっていたのには驚きました。
大抵このサイズは、アタリだけでジグヘッドには乗らないことが多いの
ですが、そこはハードルアー、何せフックが「6本」ある。

小さくても、ハードルアーで釣れると何故か嬉しいもので、この日2人で
10匹程度でしたが、結構楽しめました。

残念ながらお持ち帰りサイズは釣れませんでしたが、
次回に期待しましょう。


ヒットルアー スミス ルナメバル47S/シラスミノー48mm

以外にハードルアーのほうが釣れるかもしれませんね。

では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/15(木) 20:35:59|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アジ2匹…

アジ

日曜、夕マズメスタートでロックフィッシュを狙って出撃。

ところが悲しいことにアジ2匹…。

夕マズメは情報のあった貝塚人工島に行ったのですが、全く気配なし。
最近釣れていないのか、釣り人もまばらで閑散としていたので、即移動。

いつもの深日新波止に着くも、爆風…。

しょうがないので、そのまま駐車料金600円を徴収される小島漁港に行く。
ここはまだ風が幾分マシなポイントだし、これまでメバルの実績も高いので
結構期待するもサッパリダメ。

しかも、これまで数年通っていてもメバルしか釣れたことの無いポイントで
アジが食ってきた。温暖化の影響かな?

嫁もアジ一匹で、しょぼい釣果にうなだれつつ帰宅となりました。

ナイスカサゴ!

↑は静岡在住のお客様が送ってくれた釣果写真。

なんとも立派なカサゴではありませんか。

正月明けに27センチと立派なカサゴを釣られたそうですが、その後5連敗と
どうも調子が悪く、つい海への足も遠のいておられたようですが、そこは釣り人。

やはりじっとしていられず、出向いたところ24cmと22cmが釣れたそうです。

カサゴは冬に産卵するため、浅瀬に大型が寄ってくるのですが、何回かに分けて
やってくるようです。こうやって産卵のために浅瀬にくることを「のっこみ」と
いいますが、大阪湾でのカサゴののっこみ第一弾は、大抵11月下旬くらいだ
そうです。

その後何回かに分けてくるわけなので、タイミングが合わないと釣れないと
いったことになりますね。


大阪もやっと冬らしく寒くなりましたが、今週また春のような陽気になるよう
です。これでは魚達も季節を誤ってしまいますよね。


釣れなくても、大抵ボウズは無いのがこの釣りのいい所です。
何がしか一匹くらいは釣れてくれますし、食べて美味いし、私は真冬でも
釣りに行ってしまいます(笑)


では。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/02/05(月) 13:11:21|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブルースコードは素晴らしい!

へらぶなみたい

お客様からの釣果ほうこ~~~く!

なんとも凄まじい体型をしたメバルですね。
この日はハードルアー、ブルースコードC60が爆発したそうです。

それでは記事をどうぞ!

---------------------------------------------------------------

福井のつりの師匠と、越前海岸にメバルを釣りに出かけました。
以前からでかいのが釣れると師匠から聞いていたポイントでしたが、
タイミングもよく、思った通り爆釣でした。

25センチ前後から30センチが40匹釣れました。
小生が報告したかったのは、それをハードルアーで釣ったこと。
更井さんからのラパラCD5チャートとブルースコードC60で釣ったのですが
特に、ブルースコードは遠くまで飛び、掛かりもよく素晴らしかったのです。

ハードルアーで、でかいメバルがヒットする感触は、まるでスズキが掛かる
ような感じで、それが投げる度に掛かるものですから、飛びっきり楽しい釣り
となりました。

豊漁~


いつもいい写真と記事ありがとうございます。

驚きの釣果ですが、一枚目のメバルの写真はホントに凄いです。
ライトタックルであんなヤツを掛けたら、腕がないとあがらないと思います。

腕が悪いと、すぐにラインブレイクしてしまうでしょう。

それにしてもブルースコードは良かったようですね。
飛距離がよく出ることは、釣りにおいて非常に有利ですよね。

でも、正直ラパラより釣れるとは思っていませんでした。
やはりレンジかな?

表層付近をゆらゆら泳ぐ、シンキングペンシルが良かったこともある
でしょうが、何せ「シンキングペンシルの草分け」とメーカーが豪語
する通り、ブルースコートは良く釣れているようです。

いつか私も能登に行って釣りをしてみたいです。

その時はよろしくお願いします。

では。
  1. 2007/02/03(土) 11:23:08|
  2. お客様からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8