釣具通販 サライのお気軽釣り日記

釣具オンラインショップの店長です。趣味はもちろん釣り。釣りに関すること、日々の出来事を書いていきます。

R.A.SHACO(シャコ)

R.A.シャコ

http://www.a-sarai.com/

さて、釣りに行ってもボウズばかりなので、商品の紹介しましょう。

写真はタイトル通り、ジャクソン R.A.SHACO(シャコ)。
甲殻類であるシャコを模した、ボトムの釣りをするためのハードルアーで、
近年ルアーフィッシングのターゲットとして注目を浴びている「クロダイ」、
関西では「チヌ」と呼ばれる魚をターゲットにしたルアーです。

私もボートフィッシングでシーバスの外道として、何度かチヌを釣ったことが
ありますが、めちゃめちゃ引きます。でも、これまでは狙って釣れる魚では無
いと言った風評から、専門に狙うルアーはありませんでした。

ところがこの魚、狙って釣れなくもない(笑)
昨年ジャクソンからリリースされた「クロダイポッパー R.A.ポップ」な
どはトップで釣ろうというもので、当店でもこのルアーは結構売れています。

昨年はトップで、今年はボトム。
どんな魚やねん(笑)

使い方はですね、ボトムまで一気に落として底をずる引いてくる。時々ロッド
をシャクってボトムを跳ねさせるというような使い方と、縦のストラクチャーに
タイトに落としてフォールで食わせるというものですが、これがまた結構な釣
果を上げているようです。


去年はわたくし、ボートからの落とし込み「ベイチヌ」で結構釣りましたが、
今年は一度ハードルアーでチヌ釣ってみたいですね。


では。

スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/25(火) 20:11:51|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つ…釣れん!

うーん。

前回のちっこいヤツ釣ってから、実に3度の釣行、ことごとくボウズ!

なにそれ?

大阪湾岸をウロウロしつつ、良さそうなところはことごとく打ち、
そしてエサ釣りの情報を酒屋で仕入れ、ウロウロとシーバスを求めて釣行
するも、またーくダメ。

うぬー。

いかん、いかんぞこのままでは。


私的には60cmオーバーを持っている写真を、どどん!っと、ブログ&HP
載せてみたい。なにせソルトウォーターのトップなんて「最新釣果情報!」
などと書いてある…。

ここのところの釣果で、あのタイトルはあまりに恥ずかしい。


しかし今年はまだバチも動きだしていないし、どうも遅い。
でも、この大潮で潮が入れ替わって大きな動きがあるのではないか?と予想す
る今日この頃であるが、いい加減釣らなければなりませんな。


毎回言っているが、今度こそシーバス持ってる写真のせるぞ!


では。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/24(月) 21:03:15|
  2. シーバス 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと一匹。でも嬉しい♪

嬉しい一匹

やったぞ~~~~~~~~~!

長い長いボウズトンネルを抜けました。
といっても30㎝に満たないサイズですが、とにかく嬉しい。

これでやっとソルトウォータートップの画像が変えられるわい。

やれやれだ。



まずは状況。

ここ数日大阪は雨が続いており、しかも春に良く降る暖かい雨ではなく、冷た
い雨。春になって気温の上昇とともに水温を押し上げるような暖かい雨ではな
く、水中を無理やり冬に戻そうというような雨が続いたので、状況はよくない。

でも、我慢ならないのがアングラーの性。
ロッドを車に積み込み、息子を連れていざ湾奥へ。

ポイントは3箇所周りましたが、やはり前回バラシがあった場所でヒット。
数人のルアーアングラーとエサ釣りの人が午後8時半頃に居たのには驚きました。

大抵平日の夜に活動するので、そのポイントが釣れているかどうか解らかった
のですが、これで確信が持てましたね。

ヒットルアーはラパラCD7。
みなさん、とにかく釣れない時は絶対コレ。

ソルトルアーを長くやっている人達に聞けば、ほとんどの人が最も釣れるルアー
に「ラパラ CD」を挙げます。

もちろん私もその一人。
使い方は簡単。

投げて巻くだけ。リトリーブスピードを早くしたり遅くしたり、トゥイッチを
入れたりしますが、榎本氏がテレビで「あまり余計なことをしないほうがいい」
と言っていたので、リトリーブの緩急くらいのほうがいいのでしょう。

こんな小さなサイズを釣って大喜びするほどのモノではないのですが、昨年から
捜して、捜して、探し回ってやっと捕った一匹はものすごく嬉しい一匹でした。

ふっふっふ。

次こそデカシーバス持ってる写真を掲載するぞ!


では。

タックルデータ
ロッド:ジャクソン ブリストール862
リール:シマノ アルテグラ
ライン:ファメル ムーンライトシーバスゲーム 8LB
ルアー:ラパラ CD7 カラー SFC


http://www.a-sarai.com/
  1. 2006/04/17(月) 09:54:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関東の手下からの爆釣ほうこ~~~く!

デカイ!


いや~ボウズ続きのふがいない私に代わって、手下がやってくれよりました!
今回はものすごいですよ~。写真は圧巻です!

それでは手下の記事をどうぞ!

丹羽さんと

さて、ようやく磯に出られる時がやって参りました。

今回は、前回お世話になった渡船屋の若船長にまたまたご厄介♪

朝、ふっと船長の事務所に顔を出してみると、なんとあの有名な丹羽さん!
(磯のメジナ釣り師ならば、まず知らないヒトはおらんでしょう。言わば、メジナ釣りのプロでしょうな。)
いきなりテンションのあがったボクと手下は、丹羽さんに質問攻めだったんですが、
丹羽さんは、テレビのまんまの調子ですんごく丁寧に答えてくださいました。とっても素敵な方でした!
約12ポンドの超大物!

今日は平日ということもあり、普段人気がありすぎてなかなか乗せてもらえない一級磯に
のせてもらえました。
磯に上がるも、大変なウネリ(波)で海面はもみくちゃサラシ(磯際の波でできた白泡)びっしり・・・。
これじゃー仕掛け流しづらい、厳しそうだなあああ。

そこでメジナ道具には手をつけず、忍ばせておいたルアーロッドを取り出しました。
手前に広がるサラシの奥をひとつひとつ探ります。

二投目。なんとルアーの後ろに黒い影!!いるぞっ!!
三投目同じポイントに正確にルアーをキャスト。
ルアーは水面下10センチ程を引いているので目視しながらリーリング。
次の瞬間、サラシの中水面奥深くから、すごい大きさの魚体がルアーに飛びつく。

来たっっ!!!!!

2回大きくアワセを入れ、がっちりフッキングさせると同時に、相手は深場へ猛突進!!
強烈にな引き込みが竿に伝わってきた。
一気にドラグが悲鳴をあげ、沖へ突っ走る。めちゃ重いし、引きがハンパじゃありません・・・「デカイぞ・・・」
20メートルほど沖で、一発目のジャンプ!(スズキはエラ洗いといって、針がかりするとジャンプを繰り返し、
針を外そうとします。)
姿を見て、かなりびびる。で、で、で、でかーい!!!
ヒラスズキは普通のスズキより体高があるので、そのボリュームに圧倒されます。
強烈な引きと重さでどんどんラインが出ていきます。エラ洗いを何度も繰り返し数分、ようやく足元まで寄せてきた。
いやああ、デカイし太い!!口でかっ!

ようやくタモ入れ、腕パンパンになってキャッチしたヒラスズキ。79cm、5.4kgの堂々サイズ♪重っっ!!
わたくしの生涯、一番の大物でございましたーー^^!やったやったー^^!

手下の手下も良型キャッチ

うぬー。

その後2匹追加、ボクの手下君も、70cmの良型をゲットしました。
サラシと適度な潮のにごりがあり、ヒラスズキの条件としては最高の状態でした。

その後時合いも過ぎて、メジナ釣りを開始。そこそこいい潮が流れていて、40cm、38cm、の2匹をキープ、
それ以外の小型やボラ君は、海へお帰りいただきました。

夜は恒例のお料理大会♪
メジナはタタキ、煮物、
ヒラスズキは刺身と塩焼き、
メジナの卵とヒラスズキの白子も醤油で甘辛く♪

いや、ほんと信じられないくらい美味!!手下とため息つきながら、大変美味しくいただきました。

久しぶりのいい釣りができて、とってもハッピーな一日でした!!
そしてメシ


タックルデータ
ロッド:9フィートシーバスロッド
ライン:ナイロン14ポンド
リーダー:ナイロン30ポンド4メートル
ルアー:ラパラシンキング11センチ、ブルー


むー。

なんだかちょっと腹が立つほどうらやましい…。

でも、ヒラスズキって全然形が違うのね。
ぶっとくって貫禄がありますな。


まー態度のデカさでは私も負けてはいませんけどね(笑)

魚に勝ってどうする…。


でも、いつも立派な写真と楽しい記事ありがとう!
今度こシーバス持ってる写真アップするぞ~!


では

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/15(土) 11:03:41|
  2. 友人からの釣果報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーバスはボウズ続きですな…

湾奥

かれこれ何連敗中かな?

シーバスのオカッパリは見事にボウズ続き。
どうもいけない。

写真は湾奥に停泊している船。
これらの周りをCD-7で丹念に探ってみましたが、さっぱり。

ここで何度も書いていますが、釣りの最大の奥義は場所を捜すことです。
釣れる場所を捜し、釣れるタイミングにそのポイントに入ること。

もしタイミングが悪くとも、場所が解っていれば様々なルアーを駆使する事も
可能ですが、まずは場所を抑えなければいけない。

ちなみにわたくし、昨年から夜になると、港湾部を不審者のようにさまよって
おりますが、いまだに魚が見えていない。


でも。

昨日はバラシが一本。
むふふ♪


灯りがあたる水面に時々「もわっ」っとした影。
きっとバチ達が動きだしているのでしょう。

てなことから、ルアーはジャクソン「にょろにょろ」。
このルアー、ロッドを立ててゆっくり巻くだけですが、明るいところで見ると
ものすごく良い動きをしている。まさに「バチ」。

これをチョイスして、ゆっくり巻いていたら「ごんっ!」。
「あら?根がかりかい…」。

むー。

はずそうとロッドをしゃくる。
外れない。

まいったなこりゃ、っと思っていたらいきなりラインが走りだす。

「魚や!」

あわててロッドを立てると、どっしりとした手応えにドラグが泣きはじめる。
「うひひ♪」と喜んでいたら、突然ルアーがふっとんできた。

痛恨のバラシ…。

にょろにょろの小さいほうは、シングルフック2本なので、しっかりフッキング
しないといけない。それを根がかりと思って大したあわせもしなかったわけだ
から、そりゃバレもしますわ…。

ここの所メバルばかりだったので、久しぶりの大型の手応えに喜んだのもつか
の間でした。その後1時間くらい竿を振るもサッパリ。


でも、ちょっと見えたような気がする。
そう思うのは私だけ?

うーん。

また今年も通ってみましょう。


では。

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/10(月) 15:04:53|
  2. シーバス 釣行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたメバル

メバル小僧

1ケ月近くかかったサイトの改造もやっと終わり、
いつもの谷川漁港へメバル釣りに行ってきました。

今回は二人の息子を連れての釣行。
長男が仕事を手伝ってくれているのですが、彼は火曜日が休み。
今日は休みの日ですが「釣りに行きたい!」とのことから、朝から行こうって
ことになり、今回は弟も参加。

ヤツらが小学生の時以来、久しぶりに3人での釣行。
長男は先日から数回目の釣行となっており、ある程度コツが掴めているようで
すが、弟のほうは小学生以来の釣り。どんなもんかと思っていたら、なんと弟
が本日の「竿頭」(笑)

見事に初心者の幸運をゲットしやがりました。


ここの所通っている谷川漁港ですが、どうやら我々のポイントはまずめ時限定のようです。それも暗いとダメ。

夜が明ける頃と、日が暮れる寸前。まさにマズメ時しか口を使ってくれません。
そんなことから暗い間は漁港の中の灯り周りをやってみましたが、小型が1匹
のみで、あとはさっぱり。

夜が明けるタイミングでいつもの場所に移動し、そこでヒットという感じでし
た。基本的にメバル釣りは夜間の灯り周りがメインのようですが、過去灯り周
りでは良い思いをしたことはありませんね。

テトラ帯、それも外側に面した場所、まずめ時意外はさっぱりです。
ですが、大抵20センチ前後のヤツが混じってきますので、数は4~5匹でも
結構楽しめます。


朝は寒かったけど、ホントに良い季節ですね。
皆さん、つりに行きましょう!

では。


タックルデータ

長男
ロッド   ティムコのトラウトロッド
リール   バイオマスター1000(嫁のモノ)
ライン   ファメル ロックフィッシュ 3LB
ルアー   ママワーム バチ

次男
ロッド   バークレイ バスロッド
リール   シマノナビ1500
ライン   ファメル ロックフィッシュ 3LB
ルアー   スクリューテールグラブ

オヤジ
ロッド   オフト ロングホーン 9FT
リール   ダイワの10年位前に買ったモノ
ライン   ファメル ロックフィッシュ 3LB
ルアー   オフト スクリューテールグラブ
      オフト リルハスラー(穴ハゼ3匹…)

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/04/04(火) 19:15:54|
  2. ロックフィッシュ釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2